Pocket

安田出典:https://scontent.cdninstagram.com

今回は女優の「安田成美さん」についてです!

安田さんと言えば、「ショート」に特徴的な「前髪」「髪型」がチャームポイントで、いくつになっても「可愛らしい」女優さん。

そして、とんねるずの「木梨憲武さん」の奥様でもあります。

とっても「いい雰囲気」の夫婦である2人に憧れを抱いている方も多いのではないでしょうか?

スポンサーリンク

安田成美と木梨憲武の馴れ初めは?子供は何人?

「安田成美のプロフィール」

  • 生年月日:1966年11月28日(51歳)
  • 出身地:東京都文京区
  • 身長:168cm
  • 血液型:B型
  • 所属:田辺エージェンシー→コッカ
安田さん、「51歳」なんですね^^;

ちょっと「驚愕」です…。

いくら芸能人とはいっても、ここまで若い頃と変わらない方というのも、珍しい気がします。

やっぱり「幸せな夫婦生活」が、その美の秘訣なんでしょうか?

安田さんの旦那さんといえば、ご存知、とんねるずの小さい方こと「木梨憲武さん」

2人が結婚を発表したのは、「1994年」のことです。

当時は、「トレンディードラマブーム」の真っ只中で、その中心に安田さんもいました。

一方の木梨さんも、本職のお笑いに加え、歌手として、ヒット曲を何曲も飛ばすなど、人気者同士のカップル。

当然、2人の結婚は大きな「話題」となりましたね!

「安田成美と木梨憲武の画像」

そんな2人の「馴れ初め」って一体何だったのでしょうか?

早速調べてみると、最初は「木梨さんの方から声を掛けた」ようですよ~。

以前、木梨さん本人が語っていた話によると、ある撮影の合間の「待ち時間」

楽屋で、2人っきりになる瞬間があったそうです。

撮影とは、2人が映画で共演をした「そろばんずく」

「そろばんずくの画像」

そこで木梨さんが、安田さんに「すいません、飯お願いします。」と、直球で誘ったということ。

なんか、木梨さんっぽいですね笑

この時に「電話番号を交換」した2人。

しかし、その後、安田さんからの電話が一向に無いことに業を煮やした木梨さんが、オールナイトニッポンの現場で再会をした際に、「何で電話してくれなかったの?今日とにかく電話して!」と、再度、安田さんにアタック。

この事が「キッカケ」となり、一緒に食事をする間柄になると、徐々に「交際をスタート」させたということです。

かなりアグレッシブな木梨さんに、安田さんが折れたって言う感じでしょうか?

結婚後の1995年と、1999年に、それぞれ「男の子を出産」、2003年には「長女を出産」した安田さん。

2人の男の子に加えて、木梨さんのことも含め、「3人兄弟」が、家の中にいるようだ、と以前語っていました。

それにしても成人を超えた息子がいる母親には本当に見えません^^;

スポンサーリンク

安田成美と木梨憲武の結婚式は韓国人式?

次に、以前から安田さんにはこんな「噂」もありました。

それは、実は「韓国人」の方なのではないか、ということ。

この件に関して、安田さん本人が、「何かを語った」ということはないようですが、以前から囁かれている話ですね。

それでは「この噂」についても見ていきましょう!

「安田成美と木梨憲武の結婚式は韓国人式?」

安田さんと木梨さんが結婚をしたのは、1994年なんですが、2人の結婚式が、「マスコミを完全シャットアウト状態」で行われ、その内容が全く外に漏れてこなかったことに対して、こんな噂が流れたそうです。
  • 「朝鮮式の結婚式だった?」
  • 「安田さんの父親は民団の大物で、結婚式には民団の幹部なども出席していた?」
※民団とは「在日本大韓民国民団」のことです。

また、安田さんは木梨さんと結婚するまでに、「約8年間」の交際を経ています。

2人が結婚するまでに、これだけの時間を要した理由に、安田さんの「父親の意向」が関係しているのでは、とも言われています。

何でも、結婚にあたり、「(安田さんが)日本国籍を取らないこと」という条件があったとか。

やはり安田さんの父親が、「民団の大物」というのが事実だとしたら、日本人との結婚というと、かなり「難しい問題」となってしまうのか。

そこで、朝鮮式の結婚式を行うことで、ようやく「結婚を認めてもらうことが出来た」のではないか、と見る人たちがいたということでしょうね。

更に、安田さんに関しては、こんな出来事もありました。

それは、NHKの朝ドラ主演を「途中降板事件」

この朝ドラとは、脚本家の橋田壽賀子さんの自伝的ドラマ「春よ、来い」のことです。

安田さんが、同ドラマを降板した理由は、表向きには「体調不良」となっています。

しかし、一方では、「安田さんは、在日韓国人で、橋田さんの父親が戦前の朝鮮において、朝鮮人を雇い事業を行っていたというシーンがあり、その場面を安田さん本人か、父親が、嫌ったためではないか」とも囁かれていたそうなんです。

物語の舞台や時代背景が、「太平洋戦争」ということで、日本人と韓国人の歴史認識の違いもあり、同ドラマに出演し続けるのが、「難しくなった」のではないかとも。

そんなの、仕事を受けた、「始めの時から分かっていたんじゃないの?」って気もしますが。

主演な訳ですし。

ただ、「安田さんの降板」は、当時大きな話題になり、ワイドショーなどでも大きく取り上げられました。

その時に、コメンテーターとして出演していた、作家の塩田丸男さんが「安田さんは在日だから、植民地の朝鮮で荒稼ぎする日本人の娘を演じたい訳がない。」という発言も残しています。

ちなみに、この発言により、塩田さんは、その後「テレビから姿を消した」そうです。

また、この「降板劇」にはこんな説も。

それは、安田さんが「妊娠したから」というもの。

安田さんは、第一子を1995年に出産していますから、同ドラマの撮影が行われていた頃には「妊娠」をしていたことに。

時期的に見て、大事をとり「降板した」という説ですね。

いずれにしても、現在は、「おしどり夫婦」として、「3人の子供」にも恵まれている安田さんと、木梨さん。

めったに見られませんが、2人が一緒にテレビに出ている所が見られると、とっても「ホッコリ」しますし、これからも「素敵な夫婦」でいてもらいたいなと思います。

という訳で今回は「安田さんについて」色々と見てきました。

最後までご覧になって下さって、どうもありがとうございます!

スポンサーリンク