Pocket

ネリ出典:http://boxing-times.com

元WBC世界バンタム級チャンピオンの「山中慎介選手」と、その山中選手のベルトを奪った男「ルイス・ネリ選手」の運命の再戦がとんでもないことになっています。

なんとネリ選手は、試合前日の計量で、リミットの「53,5キロ」「2,3キロ」も上回る「55,8キロ」という信じられない数字を出します。

「55,8キロ」というのは、2人の本来の階級である「バンタム級」からは、2階級上となる「フェザー級」の数字に当たります。

さすがに、ここまでの「体重超過」となると、最初から減量するつもりがなかった、体重を合わせる気がなかったんじゃないか、つまり「ワザと」なんじゃないか、という疑惑も出てきますね。

スポンサーリンク

ネリの体重オーバーはわざとな理由や海外の反応は?

ネリ選手の「体重超過」の結果を見た時の、山中選手の「反応」を見ていたら、本当に辛くなりました。

山中選手が思わず漏らしてしまった「ふざけんな、お前。」という言葉。

あれは、心の底から出てきたものでしょうね。

それだけ山中選手にとっては、大きな意味を持つ「試合」でした。

人生を掛けた「大一番」と言ってもいいと思います。

何と言っても、昨年の8月に「連続防衛記録」を止められた「因縁の相手」

あの敗戦後、一度は「引退」も決意していた山中選手ですが、その後ネリ選手に「ドーピング」の疑惑が持ち上がり、今回の再戦へと繋がりました。

「ドーピング」の次は「計量失敗」かよって感じです。

つくづく、山中選手の防衛記録を止めた相手が、「ネリ」っていうのが、ファンからしても悔しくなります。

「ネリの体重オーバーはワザと?」

では、「ネリの体重オーバー」「故意」である可能性について見ていきます。

勿論、これは本人、そしてネリ陣営側の本心を聞かなければ分かりませんが、ボクシングの試合、しかも「世界戦」ということを考えると、これだけの「リミットオーバー」はちょっと考えられません。

前日の計量でリミットをオーバーしていることがあったとしても、大体「何百グラム」という範囲で、その後の計量までに、必死になって体重を落としてくる、というのが普通です。

では何故、ネリはこれほどの「リミットオーバー」をしてきたのか?

そこで思いつくのが、ネリは「体調を崩すほどの減量」をし、試合をして負けるよりは、「体重を落とさずに勝ちにいきたい」と考えたのではないか、ということ。

今回、ネリは体重オーバーによって「チャンピオンベルト」を剥奪されました。

しかし、規定通りに試合は行われ、山中選手が勝った場合は、山中選手が「チャンピオン」に。

その他の結果の場合は、チャンピオンが「空座」になります。

つまり、ネリ選手が元々、バンタム級の王座を返上し、「階級を上げること」を考えていたのだとしたら、どんな結果になっても、彼の側にとっては、さほどダメージがありません。

むしろ、純粋に山中選手を倒すことだけを考えていたら、体重は重い方が、というか、「体調が良い方」が良いに決まってますからね。

「ネリへ海外の反応は?」

今回のネリ選手の「計量失敗」は、「海外のボクシング雑誌」でも大きく取り上げられているみたいです。

その内容を見てみると、やはり「オーバーした数字」についての驚きの声が多い模様。

ネリには、王座を守るという「意欲」が無かったんじゃないか。

彼は「汚点」を残した。

という厳し声も聞かれます。

また、前回の山中選手との対戦後に、ネリ選手が「禁止薬物」で陽性反応を示したという「前科」にも触れているところがあるようですね。

そしてやや皮肉交じりに、「ネリは、階級を上げることを検討しなければいけない」とも報じられています。

スポンサーリンク

ネリは体重超過で剥奪処分!

前日の計量でリミットを「2,3キロ」オーバーしていたネリ選手。

それから約2時間後の再計量でも「1,3キロ」オーバーの「54,8キロ」までしか体重を落とせずに、WBCの規定により「王座は剥奪」となりました。

しかし、予定通り試合は行わるということで、今度は山中選手が「心配」になります。

前日計量なので、そこから少し体重を戻しては来ると思うのですが、それはネリ選手も同じこと。

なので、当初開いていた2人の「体重差」は、さほど変わらないと思います。

そうなってくると、山中選手は実質「2階級上」の選手と戦うってことに。

しかも、世界の「TOPクラスの実力」を持つ選手と。

中重量級の試合ではないとは言え、これはかなり「危険なこと」なんじゃないか、という気がします。

山中選手が勝って、スッキリできれば、一番良いんでしょうけど、取りあえずは、「無事に試合が終わればいいな」と思っています。

唯でさえ、山中選手は頭にキテるだろうし、腸も煮えくり返っていると思いますが、「冷静な試合運び」を期待したいです。

という訳で今回は「ネリ選手の体重オーバー」について見てきました。

最後までご覧になって下さって、どうもありがとうございます!

スポンサーリンク