Pocket

長谷川穂積選手が12月9日に会見を開き現役引退を発表しました。

非常に好きなボクサーだったので寂しいです、リングの上での相手に向かっていく姿と、普段のインタビューとかでは穏やかに話している姿が対照的で、そんな所も魅力的でした。

今回は惜しまれながらも引退を発表した長谷川穂積選手について調べていきます。

スポンサーリンク

「長谷川穂積」が現役引退!その原因やコメントは?

長谷川穂積

出典:http://www.zakzak.co.jp

これまでも何度となく引退危機はありましたが、その度にリングに舞い戻り、前回の試合では見事世界チャンピオンに返り咲きましたね、あの試合を観て感動したボクシングファンも多いでしょう。

今回引退を発表した長谷川穂積さん。その原因とはどこにあるのでしょうか?

記者会見を開いた長谷川穂積さんは引退理由についてはこのように語っています。

「心と体を一致させて、前回チャンピオンになれた。戦う理由もなくなった」

引用元:朝日新聞デジタル

確かに前回の試合は激しい打ち合いの末に勝利して、王座に返り咲きましたので、この次となると意識を高めていくのも難しかったのかもしれません。

長谷川穂積さんも35歳という年齢になり、試合のダメージも、練習をした後の回復に関しても、若い頃と比べるとかなりの時間を擁するようになってきたと語っていましたし、自分の体とも相談して決断に至ったのでしょう。

世界チャンピオンのタイトルを返上して引退する、実に潔い決断ですね。

スポンサーリンク

「長谷川穂積」引退に妻の反応は?

長谷川穂積

出典:http://pep1122.com

 

長谷川穂積さんの奥様といえば度々リングサイドで夫を応援している姿が映されていまして、その美貌からモデルさんみたいと話題になったりもしました、その妻である泰子さんは今回の引退についてどのような反応をしているのでしょう?

2人の出会いは高校生の頃という事で、長い付き合いになりますね。長谷川穂積さんがバラエティー番組等に出演した時には、奥様には頭が上がらないという事も言っていたので、家の中ではチャンピオンより強いのでしょう。

長谷川穂積さんと泰子さんは2002年、まだ長谷川穂積さんがボクサーだけでは食べて行けず、アルバイトをしながら生計を立てていた頃に結婚をしていますから、ボクサーとしての栄光も挫折も全て1番近くで見てきたことになりますね。

1つこんなエピソードがあります。長谷川穂積さんは判定勝ちの多いボクサーでもあったのですが、妻の泰子さんはこれに対してこう苦言を呈したといいます。

「見ているお客さんは素人なのだから、分かりやすい勝ち方じゃないと人気は出ない!」

キツっw

この言葉を聞いた長谷川穂積さんは一念発起し、ファイトスタイルを変え、さらに厳しい練習を積み、今の姿を手に入れたといいます、凄い影響力ですね~

長谷川穂積さんは会見の中で引退についての奥さんの反応についてこう語っています。

「妻は妻で一緒に戦ってきたので、辞めるとなったら寂しさはあるみたいですけど」

引用元:デイリースポーツ

まさに言葉通り、奥様も一緒に戦ってきたという事が伝わってきますね!

現役引退「長谷川穂積」の戦績を振り返る!

ここで輝かしい長谷川穂積さんの戦績を少し振り返っていきたいと思います。

戦績は40戦35勝(15KO)5敗。

長谷川穂積さんは1999年にプロデビューを果たします。

2005年4月、当時14連続防衛中の最強王者ウィラポン(タイ)とWBCバンタム級のタイトルマッチで対戦。見事この試合に勝利して王座を奪取します。そして10連続防衛を果たし、実に5年間もの間、王者の座を守り抜きます。

左の強打、パンチの回転数、卓越したディフェンス力で、歴代のバンタム級の日本人ボクサーの中でも最強なのではないか?とまで言われるまさに「日本のエース」でした。

また、そのファイティングスタイルは相手と激しく打ち合うというものであったために、試合のたびに、顔や足、拳などに大怪我を負い、最近の試合後には引退を薦める周囲の声も大きかったです。

2010年11月にはWBCフェザー級、2016年9月には同スーパーバンタム級のタイトルを獲得して、日本人としては4人目となる世界3階級制覇を達成します。35歳9ヶ月での世界王座奪取は国内最年長記録となっています。

こうして振り返ると、ファイティングスタイル同様、キレイなボクサー人生だったのではないかと思います。お疲れさまでした!

スポンサーリンク