Pocket

伊藤出典:http://ima-arekore.up.seesaa.net

日本テレビ系「news every.」などに出演していた、フリーアナウンサーの「伊藤綾子さん」が、所属していた事務所「セント・フォース」「退社」していたことが分かりました。

とっても「キレイなお姉さん」という感じで好きだったので、残念です^^;

伊藤さんは、秋田県出身で、元々は「秋田放送のアナウンサー」として活躍、その後にフリーへと転身を遂げています。

報道番組だけではなく、「踊るサンマ御殿」などのバラエティ番組にも多数出演していた人気アナウンサーでしたね!

最近はテレビで見かける機会が減っていたので、何をしているのかな~と思っていたら、まさかの「事務所退社」

そんな伊藤さんについて見ていきたいと思います!

スポンサーリンク

伊藤綾子と二宮和也の現在!その後破局?

伊藤さんの所属していた「セント・フォース」によると、3月末で事務所を「退社」

理由は、伊藤さん本人から、「メディアに関わる仕事からいったん離れたい」という申し出があったためだそうです。

その後、現在行っている仕事を整理し、この3月末で事務所を「円満に退社」したということ。

「news every」を降板したのが、丁度「1年前くらい」のことでした。

この時、一応は「卒業」という形になっていましたが、裏では事実上の「降板」だったのではないか、という噂も出ています。

というのも、伊藤さんには、「news every」を辞める前年に、嵐の「二宮和也さんとの熱愛報道」がありました。

「伊藤綾子と二宮和也の熱愛報道」

「伊藤綾子と二宮和也の熱愛報道」

二宮さんの住む「超高級マンション」に足しげく通う伊藤さんの様子が、写真週刊誌にバッチリ撮られていましたね。

更にこの後、伊藤さんが自身の「ブログ」などで、二宮さんとの交際を「匂わせる内容」の投稿をしていたことが発覚し、これが二宮さんのファンの「逆鱗」に触れてしまいます。

報道の後、「news every」には、番組宛てに「苦情の電話」「メール」が止まらなかったそうです。

苦情の内容は、「あのおばさんを映すな」などというもの。

番組関係者は、このことに頭を抱えていたと言いますが、遂に、伊藤さんの「番組卒業」という流れに。

伊藤さんが卒業する時の、「news every」を丁度見ていたのですが、涙を浮かべながら、「これまでの想いを語っていた姿」が印象に残っています。

降板するまで、「相当なこと」を言われてきたんだろうな~と。

あの涙は、卒業が悲しいとかではなく、「悔し涙」だったような気がしました。

嵐は、国民的アイドルです。

そのメンバーと付き合えたとしたら、「自慢したくなる気持ち」も分かりますが、もう少し大人なというか、「冷静な対応」を取っていれば、また違ったのかな~とも思います。

伊藤さんと二宮さんは、交際発覚後すぐに、ジャニーズ事務所の反対もあり、「破局」したという報道もありました。

現に、あの報道以降、2人の「目撃情報」は全く出てきていませんしね。

最近では、二宮さんには、別の「一般女性」の彼女がいるという噂もあります。

スポンサーリンク

伊藤綾子と二宮和也の現在!退社理由は結婚で仕事を?

既に「破局」しているという説も出ている、伊藤さんと二宮さん。

逆に、伊藤さんと二宮さんの交際がまだ「継続中」で、セント・フォースを退社したのは、二宮さんとの「結婚準備」の為という可能性は無いのでしょうか?

もし、二宮さんと結婚ということになったら、それこそ伊藤さんに対する風当たりは「益々強くなること」が予想されるので、その前に「芸能界から離れた」ということですね。

だとしたら凄いことですし、二宮さんも遂に「覚悟」を決めたな~と思います。

ただ、実際には、その可能性は「低い」でしょうね~。

最近でこそ、V6の岡田准一さんや、森田剛さんなど、ジャニーズアイドルたちの「結婚」も珍しくなくなってきました。

しかし、これが「嵐のメンバー」となると、また話は違ってくるでしょう。

ご存知のように、嵐のメンバーで「既婚者」はまだいません。

嵐メンバー初の結婚となると、ジャニーズ事務所も、そしてファンの方たちも、ある程度「納得」出来るような相手でないと、OKが出ないような気がします。

最後に、伊藤さんは今年で「38歳」になります。

年齢的に、いつ結婚してもおかしくはありません。

ちょっとしたら、全然違う、「別の男性と結婚」なんてニュースが出るんじゃないかな~なんていう気がしています。

それにしても、ジャニーズアイドルとの恋愛には、相当な「リスク」も考えなくてはいけないんですね^^;

という訳で今回は「伊藤綾子さんと二宮和也さんの現在」について見てきました。

最後までご覧になって下さって、どうもありがとうございます!

スポンサーリンク