Pocket

ムネリンの相性で親しまれている川崎宗則選手。

来季の所属先がまだ未決定という事で、今回はその辺りを調べていきましょう!

スポンサーリンク

「川崎宗則」の去就問題とは?

川崎宗則

出典:http://news.baseball-license.com

毎年オフになると、その去就問題が騒がれる川崎宗則選手。

今シーズンはアメリカ大リーグの「シカゴ・カブス」に所属していまして、チームは実に108年ぶりにワールドシリーズ優勝を果たしましたが、川崎宗則選手個人としては、なかなかメジャーに上がることも出来ず、ほぼマイナーリーグで過ごすという苦しいシーズンでした。

しかし、そんな状態でも川崎宗則選手は持ち前の明るさで「野球が好きだ」という気持ちを全面に出してプレーしていて、見ている日本のファン、アメリカのファン、双方にとって愛される選手となっています。

シカゴ・カブスからFAとなっている今、どんな決断を下すのか?注目が集まっていますね。

「川崎宗則」の移籍先は日本復帰かアメリカ残留か?

川崎宗則

出典:https://full-count.jp

もともとは、憧れのイチロー選手と一緒のチームでプレイがしたいという川崎宗則選手らしい分かりやすい理由で、大リーグ挑戦を表明して、2012年に海を渡っています。

2012年から2016年まで、5年間のアメリカ生活を過ごしている川崎宗則選手ですが、こんなに長い間、大リーグにいるとは思いませんでした。

年齢的にも31歳という、1番油の乗ったいい時期にアメリカ挑戦を表明した川崎宗則選手ですが、正直日本に居た時のような活躍が出来ている訳ではなく、数字的でみれば寂しい成績が続いています。

来年は36歳で迎えるシーズンで、現役生活も終盤に差し掛かってくる年齢となる川崎宗則選手は果たして日本復帰を考えているのか?それともあくまでアメリカにこだわるのか?

川崎宗則選手は現在の心境について、12月10日に熊本で開かれた野球教室の後の報道陣の質問に、こう答えています。

「どっちも100%になりました! 何だそりゃって感じですけど、両方への思いが大きくなっています。昨年(のオフ)と(気持ちが)変わらないことはない。今年は今年の思いがありますから」

まだ揺れているというのがわかりますね~。ただ川崎宗則選手に関しては今季所属したシカゴ・カブスの編成本部長が「是非戻ってきてほしい」と、ラブコールを送っています。

プレイ以外での部分も評価されていると思うのですが、ここまでチームに必要とされる川崎宗則選手の魅力は素晴らしいですね。

また日本復帰の場合でも、古巣ソフトバンクホークスが、破格の条件を用意するのではと言われていますし、所属していたチームに愛される選手だということがわかります。

スポンサーリンク

「川崎宗則」の現在の年俸は?

プロである以上は「お金」というのも所属先を決める時には大事なファクターになってくると思うのですが、川崎宗則選手にはあんまり関係ないみたいですねw

ここでこれまでの川崎宗則選手の成績や、推定年俸を振り返ります。

NPB年度別成績

年度 試合数 打率 本塁打 打点 盗塁 年俸
2000 0 .000 0 0 0 600万円
2001 1 .232 0 1 0 600万円
2002 36 .294 0 8 3 650万円
2003 133 .303 2 51 30 1,300万円
2004 133 .271 4 45 42 4,500万円
2005 102 .312 4 36 21 9,000万円
2006 115 .329 3 27 24 9,000万円
2007 95 .321 4 43 23 14,000万円
2008 99 .259 1 34 19 15,000万円
2009 143 .316 4 34 44 15,000万円
2010 144 .267 4 53 30 15,000万円
2011 144 .294 1 37 31 24,000万円
NPB通算 1145 .287 27 369 267

MLB年度別成績

年度 試合数 打率 本塁打 打点 盗塁 年俸
 2012 61 .192 0 7 2 $625,000
2013 96 .229 1 24 7 $1,125,00
2014 82 .258 0 17 1 $1,250,00
2015 23 .214 0 2 0 $377,200
2016 14 .333 0 1 2 $507,500
MLB通算 276 .237 1 51
川崎宗則選手が日本に復帰する場合の有力候補と言われている、ソフトバンクホークスは、以前の背番号52を空けて待っているのと、昨年同じようにソフトバンクホークスから大リーグに移籍してから戻ってきた、ベテラン左腕の和田毅投手に提示した条件と同等の「3年12億前後」を用意しているという話もあります。

和田毅選手は投手ということもありましたが、私は今の川崎宗則選手にこの条件はかなり破格だな~と思います、それとソフトバンクは川崎宗則選手をどこで起用するのだろうという疑問もあります。

いずれにせよ、日本、アメリカのチームからのオファーは届くでしょうし、移籍先決定までそんなに長くはかからないと思いますので、もう少し本人の言葉を待ちたいですね!

スポンサーリンク