Pocket

堀内出典:http://more-more-more.com

人気お笑いトリオ「ネプチューン」のホリケンこと「堀内健さん」が、「顔色が悪すぎる」として話題になっています。

以前、出演している「しゃべくり007」の収録を途中で「退席」したこともあり、この時には、腎臓や肝臓に関する「重病説」も流れました。

しかしそれ以降も、元気にレギュラー番組に出演を続けていますので、何か「大きな病気に罹っている」ということは無いと思うのですが…。

そこで今回は、堀内さんの「顔色が悪すぎる理由」について探っていきたいと思います!

スポンサーリンク

ホリケンの顔色が悪すぎる?アトピーが原因?

堀内さんは、公表こそしていませんが、「アトピー性皮膚炎患者」であると言われています。

確かにテレビで堀内さんを見ていると、「顔」「体」を掻いている仕草をよく見かけるな~と思っていました。

アトピーの場合、通常は仕事中など、意識が集中している時には痒みが出にくい、弱くなると言われていますが、堀内さんは、「IPPONグランプリ」を見ていても、顔や体を掻いている仕草が確認出来ました。

となると、よっぽど痒いんでしょう。

最近では、モデルさん、女優さんが、自身が「アトピー患者」であることを告白するということも多いですね。

お笑い芸人である堀内さんは、職業柄、公表しても、笑いには出来ないし、そっちに気が行ってしまうことも望んでいないのかもしれません。

最近のテレビの画質は、「え、ここまで見えていいの?」っていうくらいに高画質。

これって、出演者からしたら結構な「プレッシャー」になりそうです^^;

ちょっと肌の調子が悪かったりしたら、「肌が汚い」と言われてしまいますし、「鼻毛の処理」なんかも怠ることは出来ないでしょう。

そんな画面で堀内さんを見ていると、やはり「顔色の悪さ」は気になります。

アトピー特有の肌の赤みや、ニキビの痕、吹き出物などを隠すために使用される化粧品が、グリーン系の「コントロールカラー」や、艶のない「白に近いコンシーラ」

ただこれらを使うと、肌から本来の赤みや、艶が消えてしまうため、「血色が悪く見えてしまう」んだとか。

女優さんとかの場合だと、その上から「メイク」によって、血色を良くしたり、艶を与えたりといったことも出来るのでしょうけど、男性で、芸人でもある堀内さんが、そこまでの「濃いメイク」をするのも、逆に不自然になってしまいます。

そのために、コントロールカラーやコンシーラくらいしか使用していなくて、結果、「顔色が悪いような状態」になっているのではないかとも考えられます。

スポンサーリンク

ホリケンの顔色が悪すぎる?黒い理由といつから?

堀内さんの顔色が悪いということですが、最近では「どす黒く」なっているようにも見えます。

これもやはり、アトピーの痒みからくる「色素沈着」によるものではないかと。

一般的に、痒みを一時的に抑えるために「ステロイド剤」を使用すると、血管が収縮するため、肌が「白く」見えるそうです。

しかし、常に薬に頼りっぱなしにするという訳にもいきません。

すると、痒みに耐えられなくて掻きむしり、引っ掻いてしまい、徐々に「色素沈着」して黒ずんでいってしまいます。

特に、長年アトピーで苦しんでいる方は、肌の弱い部分が「黒っぽく変色」してしまうというケースが多く、堀内さんもこれに当てはまるのかもしれません。

堀内さんの顔色が悪いということが話題になってから、もう結構な時間が経つと思います。

「2,3年」くらいでしょうか。

きっとその間も、痒みや炎症を抑える「薬」を使用したり、色々な「化粧品」を試したりして、テレビの収録などを乗り切っているのでしょう。

アトピーのような「慢性疾患」はなかなか完治させることが難しく、上手く付き合いながら日常生活を送っていかなければいけませんからね。

という訳で今回は「堀内健さんの顔色」について見てきました。

最後までご覧になって下さって、どうもありがとうございます!

スポンサーリンク