Pocket

水原出典:https://rr.img.naver.jp

モデルの「KaoRiさん」が、日本を代表する写真家のアラーキーこと「荒木経惟さん」「告発」し大きな話題を集めていますが、この問題に対して、モデルで女優の「水原希子さん」も声を上げています。

2001年から2016年の長い間、荒木さんの「ミューズ」としてモデルを務めていたKaoRiさん。

そんなKaoRiさんの告発内容は、撮影の際に「同意書」がなかったこと、「ヌードの強要」、更に「無報酬」の仕事もあったという驚きのもの。

KaoRiさんは、4月1日に公開した自身のブログで、この様な告発をしていますが、9日現在で「65,000件以上」のシェアを集めるなど、大きな関心を呼んでいます。

スポンサーリンク

KaoRiのアラーキー告発に水原希子も?

この様なKaoRiさんの告発に対して反応したのが、水原さん。

過去には、水原さんも、荒木さんの「モデル」を務めた経験があります。

水原さんは、自身のインスタグラムの「ストーリー」という機能を使い、KaoRiさんの記事を引用しながら、KaoRiさんに対しての「コメント」、そして自身が経験したことについても触れています。

まず水原さんが、KaoRiさんの投稿に対して送った言葉について見ていきましょう!

「かおりさん、長い間どれ程苦しかったか、想像するだけでも心が痛みます。勇気を持ってこの話をシェアして下さった事に感謝します。」

「この業界にいる若いモデル、そして女性、男性にもこの記事を読んで欲しい。モデルは物じゃない。女性は性の道具ではない。」

引用元:水原希子Instagram

今回の問題は、荒木さんが「直接的」にKaoRiさんに対して、性的な暴行を加えていたということではありません。

ただモデル業界の「裏側」というか、「大物写真家」に言われたら、若手のモデルたちは、断ることなど出来ない、選択の自由はなく、断ったら仕事なんて無くなってしまう、というモデル業界の「実情」が覗けた気がします。

この様な告発が出てきたことで、、荒木さんだけではなく、他の写真家の方でもヒヤヒヤしている人がいそうですね。

スポンサーリンク

水原希子も資生堂の企業広告撮影で20代前半の時に?

更に水原さんは、自身も「過去」に経験した、ある撮影での「出来事」を明かしています。

それは、水原さんが「20代前半」だったころに参加した、ある企業の「広告撮影」

水原さんは「上半身裸」になり、自分の手で胸を隠すという撮影を行ったそうです。

すると、その時の撮影にだけ、何故か沢山の「男性」、恐らく、企業の「上層部」であろう方たちが「20名程」スタジオにやって来たんだとか。

裸になる撮影の為、「撮影中は見られたくない」と伝えた水原さん。

しかし、「写真を確認しなくてはいけないから」という事で、その要望は通らなかったそうです。

結局、仕事だから「拒否出来ない」という理由で、沢山の男性がいる前で裸の撮影を続行。

この時の撮影を振り返った水原さんは、「もちろん、撮影中は、緊張して固まってしまった」とも語っています。

一体、何の広告撮影だったのか、気になりますね。

水原さん本人が、具体的な名前を挙げていないので、あくまで「推測」にはなりますが、出てきている情報から調べていきましょう。

まずは、水原さんが「20代前半」の頃に撮影したものだということ。

そして、上半身裸で、「胸を手で隠しているもの」だということ。

これらの条件を元に、水原さんの「過去の広告」について見ていくと、「非常に近いシチュエーション」の広告が!

それが「資生堂の広告」で、確かに水原さんは上半身裸です。

「水原希子の資生堂の広告」

「私、開花宣言。」というキャッチコピーが目を引くこの広告は、新聞などにも大きく掲載されたもの。

広告が掲載されたのは、「2013年の始め」頃だったそうです。

つまり、今から「約5年前」

現在27歳の水原さん、この時は「22歳」ということになり、年齢的にもピッタリ当てはまります。

水原さん的には、この広告がどうこうの話ではなく、あくまで、その「撮影中」についての事に対して納得が行っていなかったのでしょう。

クライアントである企業先に対して、この様な発言をすることは、水原さんにとっても、かなり「リスク」を伴うこと。

水原さんが遠回しに言っているのは、撮影には直接関係ない上層部の男性達が「自分の裸」を見るために大勢集まってきた、ということですからね。

これが事実だとしたら、正直、気持ち悪いなという印象です。

ということで今回は、「水原希子さんの広告撮影について」見てきました。

最後までご覧になって下さって、どうもありがとうございます!

スポンサーリンク