Pocket

岡本出典:http://tazawas.net

ジャニーズ事務所のアイドルグループ「Hey!Say!JUMP」のメンバー「岡本圭人さん」が、通っていた上智大学から「退学処分」を受けていたことが分かりました。

岡本さんは、Hey!Say!JUMPとして活動しながら、難関である上智大学の「国際教養学部」に一般入試で合格し話題を集めましたが、それから「6年」が経過。

これまで芸能活動よりも「学業を優先する」など、事務所の協力もありましたが「卒業」とはならなかったようです。

上智大学国際教養学部は、一学年「50名程」の少人数で、講義は全て「英語」で行われています。

「アイドル」と「学業」の両立はやはり並大抵のことでは無かったのか。

今後はより「仕事に打ち込んでいく」という意欲を見せています。

スポンサーリンク

岡本圭人の目が変わったのはいつからか比較!

これまでの「岡本さんの活動」を見ていると確かに「学業」を優先させていたことが分かります。

他のHey!Say!JUMPのメンバーたちと比べても、明らかに「個人活動が少なかった」ですからね。

それだけに今回の「退学処分」は、本人とっても周囲の人達とっても「残念な出来事」でしょう。

そんな岡本さんのニュースを見て、ネット上では、また「違う反応」も出てきているようです。

それは、「岡本さんの顔が変わった」ということ。

岡本さんの顔が変わったと言われている理由ですが、その原因はズバリ「目元」。

以前は「一重」で切れ長だった目が、いつの間にかクッキリとした「二重」に変わっているというのです。

一体いつから岡本さんの目は「二重に変化した」のでしょうか?

早速見ていきましょう!

「2006年」からジャニーズ事務所に所属している岡本さん。

入所して間もないの頃の画像から見ていきます。

「岡本圭人の子供の頃の画像」

「岡本圭人の子供の頃の画像」

この頃は「完全なる一重」ですね。

そして2007年には、「Hey!Say!JUMP」のメンバーとしてCDデビューを飾っています。

「岡本圭人のCDデビューの頃の画像」

「岡本圭人のCDデビューの頃の画像」

こちらも完全に「一重」。

ここから成長していくことで、現在の二重になるとは、ちょっと思えませんね^^;

岡本さんは、2011年に「3年B組金八先生ファイナル」で「俳優デビュー」を飾っています。

その時の画像がコチラ!

「岡本圭人の俳優デビューの頃の画像」

「岡本圭人の俳優デビューの頃の画像」

「岡本圭人の俳優デビューの頃の画像」

「岡本圭人の俳優デビューの頃の画像」

金八先生に出演してた頃になると、岡本さんは身長も伸び、「大人っぽくなってきた印象」があります。

顔つきも「子供→青年」と変わっていますね。

ただ、やはり目に関しては「クッキリとした二重」には程遠い感じ。

翌年の2012年の1月に、大学受験に成功し、「上智大学国際教養学部」への入学を決めた岡本さん。

その後のドラマ出演は、2014年の「ファーストクラス」のみ。

芸能活動は、Hey!Say!JUMPとしての「グループ活動」や、「バラエティ番組」への出演がメインになります。

この間に「顔つき」も変わっていったような気がするんですよね~。

バラエティ番組などに、岡本さんが姿を見せると「目が変わった」と言われるようになりました。

「岡本圭人の目が二重に?画像」

「岡本圭人の目が二重に?画像」

「岡本圭人の目が二重に?画像」

「岡本圭人の目が二重に?画像」

これはっ!

かなり「劇的な変化」がありますね~。

ここまで目の印象が違ってくると、「顔全体のイメージ」もガラッと変わってきます。

スポンサーリンク

岡本圭人の目が変わった?二重はアイプチなの?

では岡本さんの目は「どうして二重に変化」したのでしょうか?

確かに大人になるにつれて「二重」になる人もいなくはありません。

ただ岡本さんのような「一重」から、これだけの「クッキリ二重」への変化となると、あまり例は無いような気もします。

岡本さんの二重を見ていると、「メイクしている女性」を思い出します。

学生の頃は「一重」だった女の子が、大人になり「アイプチ」などを施して「化粧」をし、二重を作っている。

そんな感じに目に見えるんですよね~。

岡本さんの「父親」は、同じくジャニーズ事務所に所属している「岡本健一さん」。

「岡本健一の画像」

「岡本健一の若い頃の画像」

岡本健一さんの画像を見ても、やはり若い頃から「顔は大分変化」しています。

二重が、より「深く」なっていってますね~。

でも若い頃の顔を見ても、目元は「二重」ですし、加齢とともに「自然に変化していった」と言われても違和感はありません。

この事から、岡本さんは「遺伝的」に年齢を重ねる毎に彫りが深く、二重に見えるような成長を遂げる家系という可能性もあります。

「遺伝的な要素」と、「アイプチによる癖付け」などで、現在のような「目元」になっていった、そんな気がします。

という訳で今回は「岡本圭人さんの目が変わった」について見てきました。

最後までご覧になって下さって、どうもありがとうございます!

スポンサーリンク