Pocket

イチロー選手出典:https://pbs.twimg.com

現在は「シアトル・マリナーズ」に所属している「イチロー選手」。

その地元のシアトルでは、「近日中にイチロー選手が退団する」という情報が、複数のメディアによって報じられています。

今シーズン中に「45歳」を迎えるイチロー選手。

「マリナーズ復帰」は嬉しいニュースでしたが、あまりにも早い「退団」となってしまうのか?

その行方に注目が集まっています。

スポンサーリンク

イチローのマリナーズ退団理由は?

マリナーズがイチロー選手を「手放す」と噂されている大きな理由は、現状で「5人の外野手」がいること。

開幕前は「怪我人続出」だったマリナーズの「外野陣」。

しかしここへ来て、正左翼手の「ギャメル選手」が復帰し、スタメンに名を連ねています。

今季は主に「レフト」として起用されていたイチロー選手は、ギャメル選手に押し出される形に。

ギャメル選手はまだ「25歳」で、今後が期待される「若手」。

本当は、そのギャメル選手が復帰するまでに、「ある程度の成績」を残しておきたかったイチロー選手ですが、ここまでの成績は芳しくありません。

ちなみにイチロー選手の「4月21日まで」の成績がこちら。
  • 打率:,212
  • 本塁打:0
  • 打点:0
  • 盗塁:0
肝心の「打率」も上がって来ないのが痛い所ですね。

元々「春先から調子をピークに持っていくタイプ」ではありませんでしたが、試合に出るのが当たり前だった頃とは違うので、「かなり厳しい数字」だと言わざるを得ないでしょう。

この成績だと「DH」で使うということも難しいですし、今後の出場機会に関しては、「かなり減少すること」は間違いないと思います。

唯一の救いは、この様な報道に対して、スコット・サービス監督が、イチロー選手がチーム全体に与える「好影響」や、「存在感」、「必要性」を必死に説いていること。

ただマリナーズの現状を見ていると、明らかに「投手」が足りていません。

ベンチ入りの選手の数には限りがありますので、この「外野手5人体制」が長く続くとは思えないというのが、「イチロー選手退団」の噂の大きな理由だとされています。

スポンサーリンク

イチローの今後は日本復帰か引退をいつ決断?

今のイチロー選手に出来ることは、限られた出場機会の中で「結果を出し続ける」ということ。

これは「非常に難しい」ですね。

試合でのプレーを見ていると、「走ること」、「守ること」に関しては、まだまだ若手にも負けていなと思います。

やはり肝心なのは「バット」の方でしょう。

このまま調子が上がってこないと、マリナーズ側も「決断を下さなければいけない時」がやって来ます。

そうなると、「メジャーリーグで次の所属先を探す」ということは、かなり困難なこと。

今季、マリナーズ復帰が正式に決まったのも、開幕が迫った「3月に入ってから」でしたからね。

そこで考えられる「選択肢」は3つ。
  • 「マイナーでのプレー」
  • 「日本球界復帰」
  • 「引退」
イチロー選手があくまで「アメリカでのプレー」を望むなら、マイナーや、独立リーグなどでプレーして、「オファー待つ」という選択をするでしょう。

または、「日本に復帰すること」を決断すれば、古巣の「オリックス」や、地元の「中日」を始め、獲得に名乗りを上げる球団は間違いなく出てきます。

最後の「引退」。

これに関しては、イチロー選手は常々「最低でも50歳迄」現役を続けたいと公言していますので、その可能性は「低い」のではないでしょうか。

個人的には、ずっとプレーしていてもらいたいな~と思っていましたが、あまりも打てなくなってしまったイチロー選手を見ているのも、「ちょっと辛いな」と思うようになってきました。

いずれにせよ、「日米のレジェンド」であるイチロー選手。

その動向に「注目が集まる時」が迫っているような気がします。

という訳で今回は「イチロー選手のマリナーズ退団理由」について見てきました。

最後までご覧になって下さって、どうもありがとうございます!

スポンサーリンク