Pocket

TOKIO出典:https://bs.benefit-one.co.jp

「強制わいせつ行為」で「書類送検」されていた、ジャニーズ事務所の人気アイドルグループTOKIOの「山口達也さん」が、26日「会見」を開き、被害を受けた女性、女性の家族への「謝罪」を行いました。

事件が起こった時、山口さんは、「焼酎の瓶を一本空けるくらい」のお酒を飲んでいたそうで、いわゆる「酩酊状態」。

気がついた時には、被害に遭った女子高生と、その友達の姿は無かったそうです。

また山口さんの会見より先に、同じTOKIOのメンバーである「国分太一さん」が自身がMCを務める「ビビット」に出演し、涙ながらに「謝罪」を行っています。

その中で、山口さんが「お酒による健康問題」を抱えており、「病院に通っていたこと」を告白しています。

山口さんの「酒癖が悪い」ということは、関係者の間では有名な話だったようですね。

スポンサーリンク

山口達也はアルコール依存性や中毒で病院に?

それにしても、お酒は「本当に怖い」ですね。

テレビで観ている山口さんは、とっても「爽やか」で、「頼れる兄貴」という印象でした。

事実、「共演者たちの評判」を聞いても、「礼儀正しく誠実な人だ」という声が多いです。

これだけ長い間、芸能界の第一線で活躍している方ですし、実際に「人柄は良いんでしょう」。

被害に遭った「女子高生」とも、NHK「Rの法則」という番組で共演し知り合ったということですが、きっと「信頼関係」があったからこそ、「山口さんの自宅にまで行った」のだと思います。

そんな信頼関係を一瞬で壊してしまった「お酒」。

山口さんが行った会見の中では、自身が抱える「アルコール問題」についての言及もありました。

その時の話だと、山口さんは、今年の1月15日くらいから、お酒の飲み過ぎで体を壊してしまい、「約一ヶ月間の入院生活を送っていた」ということ。

そして体の回復を待って、2月12日に「退院」。

事件が起こったのも「2月12日」です。

当日、退院した山口さんは、午前中のみだった仕事を終えると、自宅の片付けを行い、その後に「飲酒」したと言います。

まずここに「違和感」が。

「お酒が原因で入院するくらい」だったのに、退院したその日に「飲酒をする」というのは普通では考えられません。

しかも、「記憶がなくなるまで飲む」という、その「酒量」にも驚き。

これは「アルコールに依存している」と考えられてもおかしくないです。

本人は「否定」するかもしれませんが、「中毒」にかかっている人は、認めませんからね。

山口さんには以前、週刊誌「女性自身」によって、「アルコール依存症治療で有名な病院に通っている」という報道がされたことがありました。

この時は、ジャニーズ事務所側が「アルコール依存症」であることを否定しています。

スポンサーリンク

山口達也は酒癖悪く肝臓に問題も?

山口さんの「酒癖」に関して、かつて同じジャニーズ事務所に所属していたこともあり、先輩にあたる「薬丸裕英さん」がこの様に語っていました。

「本当にナイスガイ。ただ、お酒となると、不安な部分大きくて…(山口と)飲んだこともあるし、パーティーの席で、僕が遅れて行ったら、もう彼は出来上がっていた。その時(パーティーでは)迷惑はかけていなかったけど、お酒っていうのが原因だったのかなというのは思った」

引用元:スポニチ

またある時は、顔面を怪我し、眼帯などを着けて「生放送」に臨んでいたことも。

お酒との「因果関係」は分かりませんが、今回のようなことがあると、どうしても「酔っ払って何かあったんじゃないか?」と疑ってしまいます。

ジャニーズ事務所側も相当以前から、山口さんに対しては「お酒の飲み方」に関しての注意していたのでしょう。

今年の1月に「入院」していたことを明らかにした山口さんですが、その時は、「肝臓の数値が悪かったため」に病院に行ったということ。

つまり、「肝臓を休めるための入院」で、依存症の治療では無かったとしています。

今回山口さんが起こしてしまったことは、「お酒のせい」だけでは片付けられませんが、その「酒癖」が、「原因の1つ」になっていることは間違いないでしょう。

そうなると山口さんは、今後、「お酒との付き合い方」を考えなくてはいけないですね。

もしかしたら、今はもう「一生飲まないくらいの覚悟」でいるかもしれませんが、それでも時間が経てばきっと「お酒の誘惑」は出てくるでしょう。

これから長い時間をかけて、「お酒との戦い」が続くことになりそうですね。

という訳で今回は、「山口達也さんとお酒にまつわること」について見てきました。

最後までご覧になって下さって、どうもありがとうございます!

スポンサーリンク