Pocket

今オフのFA市場を、ほぼ独占状態の巨人ですが、ソフトバンクから森福投手、横浜からは山口投手を獲得し、さらには日本ハムからは台湾の英雄、陽岱鋼選手の獲得も間近だといいます。

これで補強は終わりかと思いきや、さらに現役バリバリのメジャーリーガーであるネミネロ投手まで獲得を目指すと言います。

実に25億円補強と言われる、今回の補強ですが、これだけの戦力になると、それを束ねていく高橋由伸監督も大変そうですね、優勝が絶対条件になるだけに。

実際は何が起こるか分からないのが、スポーツの面白い所なので、これらの選手が期待通りに活躍するかはわかりませんが。

今回はそんな巨人の新守護神候補とも言われているカミネロ投手について調べていきます!

スポンサーリンク

巨人の新外国人候補「カミネロ」の実力や年齢は?

カミネロ

出典:http://www.asahicom.jp

まずこの獲得候補に挙がっている、アルキメデス・カミネロ投手は、現役バリバリのメジャーリーガーで、その豪腕ぶりはメジャーでもトップクラスを誇ります。

身長193cmの長身から投げ下ろす直球はMAX164kmという事で、あの日本ハム大谷投手と比べても遜色ないですね。

野球大国の1つであるドミニカ共和国出身で、現在29歳という事で、まさに今から全盛期を迎えるといってもいいこの時期に、もし本当に日本に来ることになったら、非常に楽しみです。

メジャーリーグでは先発の経験は無く、全てリリーフで登板という事で、巨人に移籍が決まったとしても、ストッパーの座を争う事になるでしょう。

変化球で得意なのはスプリットで、こちらはあの田中将大投手(マーくん)も得意としていた球ですね、直球とほぼ変わらない球速から急に鋭く落ちる、まさに消える魔球のような球です。

その他にもカットボールなど、横の変化球も持っており、いかにも外国人ピッチャーらしいな、という印象です。

弱点と言われているのが、コントロールだという事です。メジャー通算の与四球率は4.01というリリーフとしては少し心配になる数字です。

というかこのタイプの投手(メチャメチャ球が速い)でコントロール悪いって、バッターにしてみたら恐怖でしかないし反則ですよねw絶対にバッターボックスに入りたくありません。

スポンサーリンク

「カミネロ」の今季成績や年俸は?

カミネロ

出典:http://www.hochi.co.jp

ここで巨人の新外国人候補「カミネロ」の今季成績と、メジャー通算の成績を調べていきます。
年度 登板数 勝利 敗戦 ホールド 防御率
2013 13 0 0 1 2.77
2014 6 0 1 0 10.80
2015 73 5 1 15 3.62
2016 57 2 3 8 3.62
実質この2年間がメジャーリーグで活躍した時期といえそうですね、まさにこれからといった時期に何故日本移籍を考えたのか?という所も気になります。

実際に外国人選手は来てみないとわからない所もありますが、登板数をみても相当なタフさはありそうです。

今季の年俸は約53万ドル(6100万円)という事で、まだメジャーでの活躍期間が少なくFAにもなっていないため、比較的低めになっていますが、巨人では約2億円前後での獲得になるのではないか?と言われています。

メジャーで後数年活躍して、とんでもない契約を勝ち取るか、今現時点では最高のオファーになるかもしれない巨人を選ぶかで本人も悩んでいそうですね、今後の動向にも注目です。

スポンサーリンク