Pocket

nhk出典:https://news.mynavi.jp

これまで「蜜月関係」を築いてきた、「ジャニーズ事務所」と「NHK」の間に「亀裂」が入っている模様。

これは、やはり「山口達也さんの事件」が大きな原因になっているようですね。

というのも、NHKは、山口さんと被害に遭った方との「出会いの場」となっていた「Rの法則」の打ち切りを発表。

これに伴い、ジャニーズ事務所に対して「損害賠償」などの対応を検討しているということです。

また、今後のジャニーズ事務所所属タレントとの仕事については、「個々の番組の判断になる」と語っていて、今回の件が「直接関係することはない」ともコメントしていますが、どうなるのでしょう?

スポンサーリンク

ジャニーズ事務所とNHKの関係が悪化?

NHKが「打ち切り」を発表した「Rの法則」。

この番組は、山口さんが「MC」を務めていて、まさに「番組の顔的存在」でした。

更に、被害者と山口さんの「接点」を作った番組ということでもあるので、まぁ存続は難しかったでしょうね。

ただ一部報道では、番組スタッフが「率先」して、山口さんに「未成年の女性たちの連絡先を教えていた」という情報もあります。

そうなってくると、NHK側も単なる「被害者」と言えるのか、「疑問」。

ジャニーズ事務所とNHKに関しては、最近、この件以外にも「ギクシャク」している感がありました。

まずは、「あさイチ」のMCだった「有働由美子さんの電撃降板」。

これに対して、同じくMCを務めていた「井ノ原快彦さん」は、NHK内の「アンチ有働派」による画策だと激怒し、自身も「番組を降りる事」を決断。

そもそも長年「相棒」を務めた井ノ原さんに対して、有働さん降板の報告が遅れたのも、やはり「不誠実な対応」だったと思います。

更に、NHKは、ジャニーズ事務所を退所した草彅剛さん、香取慎吾さんを「積極的に起用」。

他の民放各局が、ジャニーズ退所組に対して、「事務所の顔色を伺っている所」と比べると、その差は「歴然」です。

SMAPが解散した年にも、NHKはギリギリまで「紅白歌合戦」に「SMAPが出場」するように働きかけていましたが、結局出演は叶わず。

この頃から少しずつ両者の関係は悪くなっていたのかもしれません。

スポンサーリンク

ジャニーズ事務所の紅白の枠は今後どうなる?

そうなってくると、今年の「紅白歌合戦」への影響も懸念されてきます。

昨年の紅白には、ジャニーズ事務所から「5組」が参加。
  • TOKIO(24回目)
  • 嵐(9回目)
  • 関ジャニ∞(6回目)
  • Sexy Zone(5回目)
  • Hey!Say!JUMP(初)
更に、白組の司会は嵐の「二宮和也さん」。

その前の年は、同じく嵐の「相葉雅紀さん」が司会を担当していて、噂では、2020年まで「嵐のメンバーで回す」という説も出てきています。

ちょっと気が早いですが、今年の紅白について考えていくと、「TOKIO」の出場の可能性は、ほぼ「0」でしょう。

あれだけの「スキャンダル」がありましたし、その影響がNHKにも出ていますからね。

それでもジャニーズが「出場枠数」を「維持」出来るのかどうかという所が注目を集めそうです。

よほどのことがない限り、「嵐」、「関ジャニ∞」、は確定として、現在猛プッシュされている「Sexy Zone」、「Hey!Say!JUMP」の出場も濃厚でしょう。

となると、「TOKIOの枠がどうなるか?」が気になります。

今年デビュするジャニーズ期待の新グループ「King&Prince」辺りが「初出場」となれば、NHKもやはりまだまだ「ジャニーズ枠」を重要視しているということになりそうだし、一気に「出場枠を削る」という判断をしたら、これは、NHKは今後徐々に、ジャニーズ優遇をしなくなっていくとも取れます。

う~ん、一体どうなるんでしょうか?

違った意味で今年の紅白は楽しみです^^;

というわけ今回は、「NHKとジャニーズ事務所の関係が悪化」について見てきました。

最後までご覧になって下さって、どうもありがとうございます!

スポンサーリンク