Pocket

ロシア出典:https://img.qoly.jp

もうすぐ「ロシアワールドカップ」が始まりますね~。

世界的にはオリンピックを凌ぐほどの大会とも言われる「サッカーワールド・カップ」。

また「眠れない日々」がやって来ます!

そう、こういった「世界的なスポーツのイベント」が開催される時に気になるのが、開催国との「時差」。

前回の「ブラジル大会」の時は、地球の裏側での大会ということで、こっちの生活スタイルも「グチャグチャ」になってしまいました^^;

「リオ・オリンピック」もありましたしね。

今回のワールド・カップのホスト国は「ロシア」。

日本との「時差」はどうなっているのでしょうか?

スポンサーリンク

ロシアワールドカップの時差で放送時間は?

日本とロシアの「時差」についてですが、ロシアの首都「モスクワ」を元に見てみると「-5時間」。

つまり、日本で「20:00」だった場合、モスクワでは「15:00」ということになります。

思ったよりは「時差が少ない」気がします。

ただロシアの場合は国土が「かなり広い」です。

そのためロシア国内でみても、「時差」が発生してきます。

試合が開催される場所によって、「多少の時間の変化」があるということですね。

ちなみに今回のワールド・カップの試合が行われる場所で、日本から一番遠くて、時差も大きい場所が、「カリーニングラード」。

カリーニングラードと、日本との時差は「-7時間」になります。

日本のグループリーグの試合は、このカリーニングラードではありませんが、サッカー好きで、出来れば「見られる試合は全部見たい」という方のために、「カリーニングラードで行われる試合」についても見ていきます。
  • グループB:「スペインVSモロッコ」(6月25日27:00)※日本時間
  • グループD:「クロアチアVSナイジェリア」(6月16日28:00)
  • グループE:「セルビアVSスイス」(6月22日27:00)
  • グループG:「イングランドVSベルギー」(6月28日27:00)
この「グループリーグ4試合」が、カリーニングラードで行われます。

「イングランドVSベルギー」あたりは、タレントも豊富だし、見ごたえありそう。(中々点は入らなそうですが^^;)

それでは次に「日本代表の試合」についてチェックしていきます!

スポンサーリンク

ロシアワールドカップの時差で放送時間は?会場や日程で日本戦は?

さぁ、ということで、「日本戦」が行われる「会場」から見ていきましょう!

まずは「初戦」。

日本は南米の強豪「コロンビア」と対戦します。

いきなり「手強い相手」の登場です。

「日本対コロンビア」の試合が行われるのは「サランスク」。

日本との時差は「-6時間」ほど。
  • グループH:「日本VSコロンビア」(6月29日21:00)※日本時間
放送局は「NHK」が担当します。

そして「第2戦」。

今度はアフリカの「セネガル」と対戦。

「日本対セネガル」の試合が行われるのは「エカテリンブルク」。

日本との時差は「-4時間」ほど。
  • グループH:「日本VSセネガル」(6月24日24:00)※日本時間
放送局は、「NHK」と「日本テレビ」が担当。

初戦の結果次第では、この第2戦が「最も大事な試合」になってくるかもしれません。

注目の一戦です。

グループリーグ最後の「3試合目」。

日本の相手は、ヨーロッパの古豪「ポーランド」。

「日本対ポーランド」の試合が行われるのは「ヴォルゴグラード」。

日本との時差は、「-6時間」ほど。
  • グループH:「日本VSポーランド」(6月28日23:00)※日本時間
放送局は、「フジテレビ」が担当。

近年不振が続くフジテレビ、かなり「気合」が入っているでしょう^^;

これが日本の「最後の試合」にならないことを祈ります。

という訳で今回は、日本とロシアの「時差」を元に、「日本戦」の「放送時間」や「会場」、「放送局」について見てきました。

個人的には、日本戦だけではなく、「できるだけ多くの試合」を観たいと思っています。

みなさんも一緒に楽しみましょう~。

最後までご覧になって下さって、どうもありがとうございます!

スポンサーリンク