Pocket

藤井貴彦出典:http://image.news.livedoor.com

ジャニーズ事務所の人気アイドルグループNEWSのメンバーの「小山慶一郎さん」と、「加藤シゲアキさん」が、週刊文春によって「未成年の女性」と飲酒をしていたと報道されています。

この件を受け、飲み会の「主催者」だった小山さんは、「一時芸能活動の自粛」を発表。

また自身がレギュラー出演してきた、生放送のュース番組「news every」の冒頭で、騒動についての「反省」と、「謝罪」の言葉を述べました。

小山さんは、過去にも度々「女性スキャンダル」を起こしてきましたが、あまり大事になることはありませんでした。

しかし今回は相手が「未成年」であったこと、そして先日起こったTOKIOの「山口達也さん」の件もあり、事務所としても、ここで小山さんを庇うことは、本人のためにも、そして「事務所のイメージ」を考えても良くないと判断したのでしょうね。

スポンサーリンク

小山慶一郎と藤井貴彦アナの関係は?

週刊文春の記事を受けて、自身が「生出演」を続けてきた「news every」の冒頭に、神妙な顔つきで登場した小山さん。

この件に対する、「反省」と「謝罪」の言葉、そして芸能活動を「一時的に休止すること」を発表しています。

そんな小山さんの横にピタッと張り付いて、まるで「保護者」の様に立っていたのが、日本テレビのアナウンサーの「藤井貴彦さん」です。

藤井さんも小山さん同様、神妙な顔で小山さんの謝罪の言葉を聞いた後、小山さんに対して「反省を促す言葉」、そして「厳しくも愛のある言葉」を小山さんに掛けています。

尚、藤井さんは、本当は今週一杯「番組をお休みする予定」になっており、この日も「出演予定はありませんでした」。

しかし「小山さんの謝罪に立ち会うためのみ」に急遽出社し、番組に登場したそうです。

これだけでも相当2人の間には「強い絆」があったことが伺えます。

その藤井さんが小山さんに掛けた「コメント」について振り返っていきましょう。

「今回の件で本人はこれからいくつもの後悔を抱えながら反省の日々を過ごすことになると思います(中略)同じ番組で仕事をする仲間ですから背中を押すような言葉をかけてあげたい気持ちはありました。しかし、このようにテレビで皆さまからのご批判を正面から受け止め、反省することが今もっとも大切だと理解している本人には無意味な優しさなどはかえって不要なものだと感じています。隣にいるのに今言うことではないと思いますけれども、しっかりと反省をして、自分を見つめ直してほしいと思います。そして、その先に見違えるほどの変化や成長を見せてもらいたい。それが私と私たちの切なる願いです」

さすが藤井アナ。

大人というか、きちんとした「社会人」ですね。

こう言われてしまうと、もうグウの音も出ません^^;

大分「株を上げた」様な気がします。

小山さんも、別に同じ事務所の人間でもない人、というか、一会社員である藤井さんに、ここまで思われているのですから、しっかりと「猛省」しなければいけないでしょう。

スポンサーリンク

小山慶一郎と藤井貴彦アナの仲良しエピソードとコメントは?

そもそもこれまでにも小山さんが「news every」のキャスターを務めていることに関しては、「疑問視」する声もありました。

というのも、小山さんには「スキャンダル」が多く、その度に、その件について「自身が番組の中で触れることもなく」、どこか「モヤモヤ」したものを観ている側に与えていたからです。

きっとそんな声は「本人の耳」にも入っていたでしょう。

それでなくても、アナウンサーではなく、ジャニーズのアイドルである小山さんが、ニュース番組の「メインキャスター」を務めることは、かなり「プレッシャー」もあったでしょうし。

そんな色々なことから来る「不安感」を、番組共演者で、「兄貴分的な存在」でもある藤井さんに良く「相談」をしていたんだと思います。

藤井さんも、畑違いの「アイドル」をしながら、報道番組に出演するため、会議から出席して、「キャスター」を務めていた小山さんを「可愛い後輩」のように感じていたのかもしれません。

そんな2人の関係性が良く分かる「エピソード」がありました。

それは小山さんが、日本テレビ系の「行列のできる法律相談所」に出演した時の事。

小山さんは「インフルエンザ」のため、「news every」を「病欠」したことがあります。

その時に、自分の家で休みながら「news every」を見ていたそうなんですが、そのオープニングで藤井さんが小山さんに向けて、こう「コメント」をしました。

「体調管理をしていただけに小山くんが一番悔しいと思う。私たちはアイドルの小山慶一郎というよりは、社会人の小山慶一郎を尊敬して一緒に仕事をしています。待っています」

こんなん、惚れてまうやろ!ですね^^;

ちなみに小山さんは、このコメントを聞いて、「この人と一緒に行きたいきたい」と本気で思い、「何度もこの場面を見返している」そうです。

これだけの「愛情」を持って接してくれていた藤井さんに「悲しい思い」をさせてしまったのですから、それこそ「社会人」として、しっかりと償いをしなければいけませんね!

という訳で今回は「小山慶一郎さんと藤井貴彦さんの関係」について見てきました。

最後までご覧になって下さって、どうもありがとうございます!

スポンサーリンク