Pocket

マッドマックス

出典:http://www.ideaxidea.com

大ヒットシリーズの最新作で日本では2015年に公開されて、大ヒットを記録した映画「マッドマックス 怒りのデスロード」がモノクロ版になって帰ってくるといいます。

国内外で熱狂的なファンを持ち、特に男子には堪らない映画ですね~。(オジサンにはもっとでしょうかw)

今や世界的スターとなったメル・ギブソンの出世作としても知られている「マッドマックス」シリーズですが、「怒りのデスロード」は第4弾となり、公開前はオールドファンから、その出来を危惧する声も挙がっていましたが、監督ジョージ・ミラー(71)の手腕により、素晴らしい作品として帰ってきました。

「マッドマックス」ですが、舞台は近未来という事で、資源が枯渇し、法も秩序も崩壊した、荒れた世界に生きる人間たちのサバイバルを描いています。その中で妻子を殺された警官マックス(トム・ハーディ)が砂漠を支配する凶悪な軍団に対して、必死の戦いを挑む姿を描いたアクション大作です。

スポンサーリンク

「マッドマックス怒りのデスロード」モノクロ版上映スケジュールは?

マッドマックス

出典:http://av.watch.impress.co.jp

そこで気になる「マッドマックス 怒りのデスロード」モノクロ版のスケジュールですが、どのようになっているのでしょう?

公開スケジュールですが、2017年1月14日より東京・新宿ピカデリーほかにて劇場公開という事です。

なんと来年の頭には劇場に「マッドマックス」が再来します。これは映画ファンには非常に嬉しい、ちょっと遅れたお年玉になるのではないでしょうか?

大人から子供までが楽しめる大作なので、正月休みの後になりますが、家族で映画館に繰り出すのもいいかもしれませんね。

前回のも劇場で見たという方も勿論ですが、まだ見ていないという方も是非劇場で、あの臨場感と興奮を味わってみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

「マッドマックス 怒りのデスロード」何故モノクロ版公開?

マッドマックス

出典:http://img.eiga.k-img.com

そもそもなんで「マッドマックス 怒りのデスロード」はモノクロ版として戻ってきたのでしょうか?

もともと「マッドマックス 怒りのデスロード」は、モノクロ版である「ブラック&クロームエディション」の発売が決定していました。

これは、1981年の作品である「マッドマックス2」のレコーディングを行う際に、安上がりな白黒フィルムを使っていたことがキッカケであるといいます。

この時の光景を見た監督のジョージ・ミラーは「この映画は白黒が1番」と語っていて、さらに「色の情報が少ないほうが魅力的だ」とも加えています。

このことからも、「モノクロ版」のリリース&公開は、監督であるジョージ・ミラーの閃きと、さらに納得したものを見せたいという”こだわり”が生んだ展であると思います。

確かにあの漫画の中に飛び込んだような世界観には、モノクロは映える事間違いなしだと思います。

新年から楽しみが1つ増えました!

スポンサーリンク