Pocket

日本全国で記録的な「猛暑」となっている今年の夏。

今度は「台風12号」が発生し、週末の「関東」を「直撃」しそうだという予報が!

今週末、28日の土曜日といえば、東京では夏の風物詩「隅田川花火大会」が開催される予定になっていますが、どうなっちゃうのでしょうか?

スポンサーリンク

2018台風12号の進路!米軍予想は東京直撃?

7月25日の午前3時、日本の南、沖ノ鳥島の近海で発達中だった熱帯低気圧が「台風12号」になってしまいました。

名前は「ジョンダリ」と名付けられたようです。

台風の名前は、あらかじめ、国際機関「台風委員会」の加盟国などが提案した「140個」の名称から発生順につけられていきます。

「ジョンダリ」とは、元々、北朝鮮の言葉で「ひばり」を意味するということ。

今現在の台風12号・ジョンダリの「規模」がこちら。
  • 中心気圧:998hpa
  • 最大風速:18m/s
  • 最大瞬間風速:25m/s
  • 移動:北西15km/h
ジョンダリは、このまましばらく「発達」を続けながら、北から北北東に進み、27日の金曜日頃には「小笠原諸島近海」に達する見込みに。

その後、北から北西に進路を変え、「29日(日曜)」頃には、東日本に接近、更には「上陸」の恐れが出てきました。


これ見ると、かなり「本州」に影響が出そうです…。

しかも、7月中旬以降の記録的な暑さの影響も重なり、本州南海上の海面の水温が「28℃」と非常に高くなっているため、台風の「勢力」は、陸地に近づいてきても「落ちない可能性」が高いということ。

本当に勘弁してほしいです。

ただジョンダリは、予報円がかなり大きいことから、まだ今後の進路についての「位置」、「タイミング」にかなり幅がある模様。

そこで「米軍」のレーダによる「予想進路」もチェックしてみます。


https://twitter.com/Area51_zek/status/1021725982175113217

「!!!」

ジョンダリ、関東、というか「東京近辺」を直撃しそうだという予想になっています。

なんでこんな「ど真ん中」に進路をとったのかというと、ジョンダリは、現在日本付近を覆う高気圧と、日本列島の遥か東にある高気圧の、丁度「間の隙間」を縫って北上して来るからだと言います。

今後の天気予報もチェックしながら警戒していた方が良さそうですね。

スポンサーリンク

2018台風12号が東京直撃で隅田川花火大会は中止?

台風12号「ジョンダリ」ですが、予想進路が「このまま」だとすると、29日の日曜日の朝には「東京」に上陸する恐れがあります。

更に、勢力を保ったまま近づいてくるため、上陸前から「雨」や「風」の影響が出そう。

となると心配になってくるのが、東京の「隅田川花火大会」。

今年の隅田川花火大会は、「7月28日」の「19:00」からのスタート予定で、万が一、この日に天候の影響で「中止」になった場合は、「翌29日」が「予備日」になっています。

尚、当日花火大会が行われるかどうかは、隅田川花火大会の「公式Twitter」で、28日の午前8時(8時の時点で判断が出来ない時は午前10時)に「告知」があります。

天候の予想がしにくい「台風」ということで、当日ギリギリまで、開催出来るかどうかの判断はつかなそうですね。

隅田川花火大会は、毎年7月の「最終土曜日」に、東京都の隅田川沿いの河川敷で行われている「東京下町の夏の風物詩」。

毎年「約100万人」近い人出が見込まれています。

ちなみに過去、「天候の影響」により完全に中止となったのは、2013年「第36回大会」の一度だけ。

この時は、予定通り19時に花火の打ち上げが開始されましたが、直後の雨天および強風により、「大雨洪水警報」と「雷注意報」が出されると、開始からわずか「30分足らず」の、19時40分に大会の中止が発表、翌日への順延もありませんでした。

今年はどうなるのか?

非常に楽しみにしていた花火大会なので、本当は台風の影響なんて考えることもなく、スカッと「晴れ」という天気予報を見たかったです^^;

という訳で今回は「2018台風12号の進路予想が東京直撃で隅田川花火大会は中止?」について見てきました。

最後までご覧になって下さって、どうもありがとうございます!

スポンサーリンク