Pocket

塚原千恵子引用:http://news.livedoor.com

「日本体操女子」の「宮川紗江選手」への「パワハラ行為」が「問題視」されている「体操協会」の「塚原千恵子強化本部長」と「夫」で「体操協会」の「塚原光男副会長」。

「塚原夫婦」が「経営」に携わっているのが「朝日生命体操クラブ」ですね。

その「朝日生命体操クラブ」を「協賛」している「朝日生命保険相互社」は、選手への「パワハラ行為」があったのかの「調査」を「第三者委員会」に委ねています。

更に、調査結果次第では「朝日生命体操クラブ」への「協賛存続」を「検討」するとも。

これはもしかしたら、これまで数々の「有名体操選手」を「輩出」してきた名門「朝日生命体操クラブ」の名前が無くなってしまうかもしれません。

スポンサーリンク

朝日生命体操クラブが廃部と評判?

「朝日生命体操クラブが廃部?」

今回の「塚原夫婦」による「宮川選手」への「パワハラ騒動」を受けて、連日「協賛」を務める「朝日生命」の「コールセンター」に対して「苦情」の「電話」が「殺到」しているそうです。

担当者によると、具体的な数こそ把握出来ていないものの、その内容は「(同社の)保険解約を希望する」といった趣旨のものまであるということ。

これでは「協賛」を務めている意味が無くなってしまいますね。

一方、現時点では、塚原夫婦から同社への「謝罪連絡」は、まだ無いそうです。

「第三者委員会」の「調査結果次第」にはなりますが、このままでは「朝日生命」と「塚原夫婦」の間にも「修復不可能」な傷が残ってしまいそうです。

そうなると、歴史ある「朝日生命体操クラブ」の名は無くなってしまうかもしれません。

「朝日生命体操クラブとは?」

現在は「塚原光男さん」が「校長」を、そして「妻」の「塚原千恵子さん」が「副校長」を務めている「朝日生命体操クラブ」は、更に2人の「息子」である「塚原直也さん」が「技術アドバイザー」をしています。

まさに「塚原ファミリー」によって「運営」がされている「朝日生命体操クラブ」。

その歴史を見てみると「朝日生命体操クラブ」は、1974年に「朝日生命」が「日本を代表する選手の育成」と「体操競技の普及」のための実業団として創立。

以来「千恵子さん」が、主に選手たちへの「指導」に当たり、その後、夫である「光男さん」も、これに加わっています。

2002年には「朝日生命」から「(有)塚原体操センター」に業務が「委託」され、今日まで、数々の「オリンピック選手」を輩出してきました。

創立から見ると、実に「44年」もの歴史があるんですね。

今では「オリンピック」を目指す選手から、体操を楽しむ「子供たち」まで、多数の選手たちが所属。

ちなみに「朝日生命体操クラブ」の「練習場」である「体育館」は、こちらにあります。

「東京都世田谷区北烏山5-19 朝日生命久我山体育館」



朝日生命体操クラブに通うためには、それぞれ「年齢」に合わせて、以下のような「月謝」がかかります。
  • 3~4歳:¥8,120~¥16,450(週1回~3回)
  • 5~6歳:¥8,120~¥16,450(週1回~3回)
  • 小学生男子or女子:¥8,120~¥19,950(週1回~4回)
  • 7歳~18歳男子中学生orコーチ推薦者:¥9,250~¥21,180(週1回~4回)
  • 7歳~18歳女子中作成orコーチ推薦者:¥9,250~¥24,480(週1回~4回)
いわゆる「子供の習い事」として見ると、ちょっと「割高」な「値段設定」な気もしますが、ここからオリンピックの舞台に羽ばたいて行った選手もたくさんいますし、そういう選手というのは、子供たちからしたら「スター」。

もしかしたら、直接「練習を見て貰う機会」もあるのかもしれません。

そういった「付加価値」もついているのでしょう。

「朝日生命体操クラブ」は、創立されてからずっと「強豪体操クラブ」としての地位を守ってきました。

業界でみると「独占状態」のような状態だったそうです。

しかし近年では「体操ブーム」もあり、どんどん「受け皿」が広がっていきます。

そのため、将来有望な選手たちが「他の体操クラブへ」も「分散」されていくことに。

そうすると結果として「朝日生命体操クラブ」からの「オリンピック出場者」というのが「減少」。

今回の騒動の裏には、この様な状況から来る、塚原夫妻の「焦り」の様なものもあったのかもしれません。

スポンサーリンク

朝日生命体操クラブで過去にボイコットトラブル事件も?


そんな「朝日生命体操クラブ」では「過去」にこんな事もありました。

1991年に起こった「女子体操選手ボイコット事件」。

なんだか穏やかではありませんね^^;

この事件の内容ですが、簡単に言うと「審判の下した採点に納得が行かなかった選手(出場選手91人中55人)たちが、コーチを中心としボイコットを起こした」というもの。

今から「27年前」に起こった「騒動」になりますが、元体操選手の「森末慎二さん」は、最近「TV番組」に出演し、当時の様子をこの様に語っています。

「マスコミの報道では、コーチが選手に演技をさせなかった。

意味が分からないのですが、させなかった。

それで選手が泣いているということで、マスコミはほとんど、コーチ側が悪いということでバッシングを始めた」

その上で、「ただ、中身はこういうことだったんです」と語り続けます。

「要するに体操は点が出ますよね。

審判が点をつけますよね。

その点をつける審判を、全部自分側に付けてしまえば、どんなに素晴らしい演技をしても、そこ以外の選手は点が出ない。

で、だいたい上位で決まる選手が朝日生命の選手ばかりになっちゃうと、やっててもしょうがないということで、監督、コーチ陣が思い切って、ボイコットをした」

後に「朝日生命事件」とも呼ばれたこの騒動。

森末さん曰く「朝日生命」に所属する選手たちに「有利な点数」がつけられてしまったため、他のクラブに所属する選手たちは「演技をしても意味がない」ということで「ボイコット」を行った、としているんですね。

結局、この騒動の後、当時「女子競技委員長」を務めていた「(塚原)光男さん」は「辞任」に追い込まれています。

また森末さんは「(塚原)千恵子さんが、ある程度力を持った状態で、選手ではなく、審判も自分のテリトリーに入れてしまった」とも。

もし本当に、千恵子さんが、自分の所に所属している選手たちが「有利」になるように、審判に働きかけていたのだとしたら…これではもう「体操」のような「採点競技」は、成り立たなくなってしまいます。

やはり、一部の所に「権力」が「集中」してしまうのは「危険なこと」だなと思いました。

という訳で今回は「朝日生命体操クラブが廃部と評判?過去にボイコットトラブル事件も?」について見てきました。

最後までご覧になって下さって、どうもありがとうございます!

スポンサーリンク