Pocket

市川紗椰

出典:http://www.cdjournal.com

現在フジテレビの「ユアタイム」で奮闘中の市川紗椰さんですが、アナウンス力について色々言われてきましたが、私なんかはもう観ていて慣れましたw

逆に夜、あの雰囲気でおっとり喋っている姿を観るのがクセになります。

今回はそんな市川紗椰さんの得意な英語や、オタクとして知られる彼女のこだわりの一部を調べていきます!

スポンサーリンク

「市川紗椰」の英語が凄い?

市川紗椰

出典:http://40.media.tumblr.com

市川紗椰さんは、先日行われたアメリカ大統領選挙の為に、現地まで飛び取材を敢行していまして、その時に流暢な英語を披露していましたね。

むしろ日本語を喋っているときよりも生き生きしてるんじゃないか?なんて言われていましたw

以前も書きましたが、いっそ「ユアタイム」を英語でやれば、観ている方としても勉強になっていいのに、なんて思います。

英語が得意なんて言われていますが、それもそのはずで、市川紗椰さんの父親はアメリカ人ですし、生後4ヶ月から14歳まではアメリカのデトロイトで過ごしていますので、得意というか英語の方が初めに覚えた言葉なのでしょうね。

しかもアメリカの名門大学である、コロンビア大、シカゴ大、ニューヨーク大に合格していながら、日本でモデル活動をするためという理由で、早稲田大学に通っていたという才女です。

ちなみにコロンビア大学(8位)は東京大学(21位)よりも世界大学ランキングでは上位につけています。

大統領選の現地リポートのインタビューでは、ネイティブならではの生きた英語を披露していましたし、質問も英語で自分の考えを自分の言葉で表現出来るために、とてもスムーズでした。

インタビューされている側も、市川紗椰さんの事はネイティブとして接していたので、会話が早い、早いw

日頃、英語を聞く時は、日本人に合わせてゆっくり喋ってくれる外国人の方も多いので、生きた英語の怖さを思い知らされましたw

という訳で、今回の現地リポートでは、その質問力など、市川紗椰さんの頭の良さが垣間見れました!

スポンサーリンク

「市川紗椰」はロック好き?オススメのミュージシャンやアルバムをチェック!

市川紗椰

出典:http://saya-ichikawa.com

自分の気になったことはトコトン追求するという、オタク気質な一面をもつ市川紗椰さん。

今回はそんな市川紗椰さんのオタク趣味の1つである「ロックミュージック」について調べていきます!

市川紗椰さんの「ロック好き」はかなり本物らしく、以前は雑誌でコーナーを持つほどで、今でも時間があれば、レコード屋さん巡りをしてはコレクションを増やしていると言います。

そんな市川紗椰さんがインタビュー等で語った、好きなミュージシャンを紹介していきます。

「市川紗椰」の好きなミュージシャン

  • ザ・ビートルズ
  • ピクシーズ
  • レッド・ツェッペリン
  • クリーム
  • ザ・スミス
  • ビルト・トゥ・スピル
  • ホワイトラビッツ
  • ジーザス・アンド・メリー・チェイン
  • クラトゥ
う~ん、聞いたことがないバンドもチラホラあります。ロック好きの方からしてみたら、このラインナップはどう映るのでしょうか?

次に市川紗椰さんがオススメしていたアルバムをご紹介していきます!

「市川紗椰」のオススメのアルバムを紹介!

  • ザ・ビートルズ「WHITE ALBUM」
  • ポリス「Outlandos d’Amour」
  • ザ・ヴェルヴェット・アンダーグラウンド「The Velvet Underground and Nico」
  • デヴィット・ボウイ「The Rise and Fall of Ziggy Stardust and the Spiders from Mars」
  • ジャニス・ジョプリン「Pearl」
  • ザ・スミス「The Queen Is Dead」
  • ピンク・フロイド「A Collection Of Great Dance Songs」
  • クリーム「Wheels of Fire」
  • ボブ・ディラン「BRINGING ALL Back Home」
こちらも正直聞いたことないものもあります。ロックおたくの人達からしたら、入門編なのでしょうか?

一度ゆっくり「ロック談義」をロックおたく達としている市川紗椰さんも見てみたいです!

きっと噛むことなく、スラスラと語ってくれそうです!

スポンサーリンク