WBC

出典:http://pet-self.com

さぁ2017年もスタートして、3月には野球ファン待望の世界大会WBCが行われます!

第4回目にして、もしかしたら最後になるかもしれないという今大会。

大物メジャーリーガーの参加も続々決定していくなど、徐々に盛り上がりを見せています。

2016年年末には、侍ジャパン入りする「18名」の選手が先行発表されました。

そして、日本人メジャーリーガー野手である青木宣親選手の招集も決定と、メンバーも固まってきている様子。

そこで今回は残りの代表入りするメンバーを予想するとともに、小久保監督になったつもりで勝手にスタメンを予想していきたいと思います!

野球ネタということで、女子には「ポカーン」かもしれませんがwどうぞお付き合いの程を。

スポンサーリンク

WBC2017の侍ジャパンメンバー28人を予想してみる!

WBC

出典:http://i.japan-baseball.jp

それではまず、年末に先行発表されたメンバーを振り返ってみましょう!
選手名 守備 選手名 守備
増井浩俊(日本ハム) 投手 中田翔(日本ハム) 内野手
宮西尚生(日本ハム) 投手 松田宣浩(ソフトバンク) 内野手
大谷翔平(日本ハム) 投手 菊池涼介(広島) 内野手
牧田和久(西武) 投手 坂本勇人(巨人) 内野手
則本昂大(楽天) 投手 山田哲人(ヤクルト) 内野手
菅野智之(巨人) 投手 内川聖一(ソフトバンク) 外野手
秋吉亮(ヤクルト) 投手 秋山翔吾(西武) 外野手
大野奨太(日本ハム) 捕手 鈴木誠也(広島) 外野手
嶋基宏(楽天) 捕手 筒香嘉智(DeNA) 外野手
青木宣親(アストロズ)
最終的には、投手13人、野手15人の合計28人のメンバーとなる今回の侍ジャパン。

というわけで、まずはほぼ固まってきている野手の追加メンバーを予想していきます。
野手
野手は、捕手、内野手、外野手でそれぞれ1名ずつ追加するのではないか?と予想します。

捕手は3人制でいくと考えているので、ここはセリーグからも1人は、欲しい所ですね。

そこで、巨人の小林誠司捕手。

バッテイングには不安があるものの、あの強肩は日本トップクラスですね。

そして内野手には日本ハムの中島卓也選手。

あの脅威の粘りと、確実な小技は絶対に必要な戦力になってくるのではないかと思います。

外野手、これは悩みます。

ケガの状況次第では、ソフトバンクの柳田悠岐選手を入れてDHで起用してみてもいいと思いますし、確実性でいったら千葉ロッテの角中勝也選手は魅力的です。特に角中選手は何故これまで選ばれていないのか、疑問です。

ただ、ソフトバンクと縁のある小久保監督なので、柳田選手を一か八かで選ぶのではないかという気がします。
投手
投手は残り6人。

現時点で日本人メジャーリーガーの参加は厳しい状況です。

この辺りが、何かモヤモヤする所なんですが「いない、出れない人達」の事を言っていても仕方ありません。

そこで国内組に目を向けて、6名選んでいきます。
  • 石川歩(千葉ロッテ)
  • 武田翔太(ソフトバンク)
  • 千賀滉大(ソフトバンク)
  • 森福允彦(巨人)
  • 野村祐輔(広島)
  • 藤浪晋太郎(阪神)
以上、中継ぎ左腕の追加と、球数制限があるので、イニングが稼げる投手を選んでみました。

これで合計28人になります。

スポンサーリンク

WBC2017のメンバーでメジャー組も入れたベストオーダー発表!

WBC

出典:https://i1.wp.com

それではここからは、選んだメンバーで個人的にベストかなと思うスタメンオーダーを組んでいきたいと思います!

私のパワプロ脳が疼きますw
WBC侍ジャパン ベストオーダー予想
  1. 坂本勇人(ショート)
  2. 青木宣親(ライト)
  3. 山田哲人(セカンド)
  4. 筒香嘉智(レフト)
  5. 中田翔(ファースト)
  6. 柳田悠岐(DH)
  7. 松田宣浩(サード)
  8. 嶋基宏(キャッチャー)
  9. 秋山翔吾(センター)
いかがでしょうか?

DHの所は、内川聖一選手と相手ピッチャーの左右で使い分けてもいいのかなと考えています。

何はともあれ、今いる日本の選手の中では、最強の布陣で挑むわけですから是非期待したいですね!

スポンサーリンク