Pocket

WBC

出典:http://www.wbc2017.jp

いよいよ開幕が近づいてきた、第4回WBC(ワールドベースボールクラシック)。

こちらの記事で、世界一奪還を目指す侍ジャパンのメンバーとスタメンを予想してみましたが、今回はそんな侍ジャパンの強力ライバルになってくるであろう各国の強力メンバー達を、予想しながら見ていきたいと思います!

今回はアメリカを始め、かなり本気モードだと言われていて、特に打者陣は軒並みメジャリーグのビックネームが並ぶ、かなり手強いメンバーとなりそうです。

それでは早速見ていきましょう!

スポンサーリンク

WBC2017メンバーアメリカらメジャリーガー参加の優勝候補国のスタメン予想と成績

WBC

出典:http://tanto6374.com

アメリカに加え、特にメジャリーグに多くの選手を輩出している、ドミニカ、プエルトリコ、ベネズエラ、この4カ国のスタメンを昨シーズンの成績を交えながらご紹介していきます。
アメリカ代表
  1. イエリッチ(左) .298 21本 98打点
  2. クロフォード(遊) .275 12本 84打点
  3. マーフィー(DH) .347 25本 104打点
  4. アレナド (三) .294 41本 133打点
  5. ゴールドシュミット(一) .297 24本 95打点
  6. ジョーンズ(右) .265 29本 83打点
  7. マカッチェン(中) .256 24本 79打点
  8. ポージー(捕) .280 14本 80打点
  9. キンズラー(二) .288 28本 83打点
ドミニカ代表
  1. マチャド(遊) .294 37本 96打点
  2. カノー(二) .298 39本 103打点
  3. ラミレス(一) .286 30本 111打点
  4. クルーズ(DH) .287 43本 105打点
  5. ベルトレ(三) .300 32本 104打点
  6. マルテ(左) .311 9本 46打点
  7. バティスタ(右) .234 22本 69打点
  8. オスーナ(中) .266 23本 76打点
  9. サンチェス(捕) .299 20本 42打点
プエルトリコ代表
  1. リンドーア(遊) .301 15本 78打点
  2. スプリンガー(右) .261 29本 82打点
  3. コレア(一) .279 20本 96打点
  4. ベルトラン(DH) .295 29本 93打点
  5. アレナド(三) .294 41本 133打点 (現時点で米かどっちの代表を選ぶかわかりません)
  6. バイエス(二) .273 14本
  7. モリーナ(捕) .307 8本 58打点
  8. ロサリオ(中) .269 10本 32打点
  9. パガーン(左) .277 12本 55打点
ベネズエラ代表
  1. アルトゥーベ(二) .338 24本 96打点
  2. プラード(三) .305 8本 75打点
  3. ゴンザレス(右) .295 25本 100打点
  4. カブレラ(一) .316 38本 108打点
  5. マルティネス(DH) .289 27本 86打点
  6. ヘレーラ(左) .286 15本 49打点
  7. インシアーテ(中) .291 3本 29打点
  8. ペレス(捕) .247 22本 64打点
  9. エスコバー(遊) .257 3本 47打点
スポンサーリンク

WBC2017優勝候補国のスタメン予想まとめ

WBC

出典:http://trendnow.net

各国、怖ろしい打線になってしまいました。

これらのチームに、前回大躍進したオランダや、国を挙げて国際大会に挑んでくるキューバ、そしてアジアのライバル韓国、台湾など。

第1、2回と連続優勝しているために、「絶対優勝」という雰囲気が強いWBCですが、実際の所かなり厳しい戦いとなるでしょう。

後は、やはり投手陣。

こちらは開催時期からの調整の難しさや、故障の可能性の高さ等から、どのようなメンバーが参加するのかが、打者以上に不明確です。

いずれにせよ、厳しくも好カードが目白押しとなるであろう今大会、ファンとしては楽しみにその時を待ちたいです!

スポンサーリンク