五月流

出典:http://satsuki-ryu.com

今回は1月13日放送の「沸騰ワード10」2時間スペシャルにも登場する「日本舞踊のギャル家元?五月流(さつきりゅう)の跡取り娘である五月千和加さん」について調べていこうと思います。

また日本舞踊五月流とは?という所にも迫っていきます。

スポンサーリンク

五月千和加の画像や経歴や学歴は?

五月流

出典:https://img.keikotomanabu.net

番組の企画で、美人跡取り大集合という特集を組まれ紹介されるのが「日本舞踊五月流の三代目家元」である五月千和加さん。

ギャル家元なんて言われていましたが、今回の特集によって注目が集まることは間違いありません。

そんな五月千和加さんの画像や気になる経歴や学歴などの部分を調べていきましょう!

「五月千若加の画像①」

「五月千若加の画像②」

「五月千和加の画像③」

「五月千和加の画像④」

確かに画像を見てみると「ギャル家元」というか、由緒正しい日本舞踊の跡取り娘というようには見えませんね~。

弱冠怖いですw

五月千和加さんはInstagramもやっていますので気になる方は是非チェックしてみて下さい!「五月千和加 Instagram」

しかしきっと幼い頃から日本舞踊を通じて色々な作法も勉強してきていると思うので、礼儀作法はしっかりとしてそうです。

次に五月千和加さんの学歴や経歴をご紹介していきます。

東京都出身の五月千和加さんは、聖学院幼稚園・小学校出身で中学、高校は跡見学院。からの大学は目白大学の社会学部に通っていました。

さすが生粋のお嬢様といった所でしょうか、幼稚園から受験を受けているのですね~。

それでは、日本舞踊五月流の三代目家元としての顔を持つ五月千和加さんの経歴を見ていきます。

初舞台を踏んだのは2歳の時で、この頃は五月光という名前だったそうです。

そして驚く事に初舞台の場所が「国立大劇場」ということで、かなり大きな劇場でお披露目という事になったのですね~。

2歳ということなので、記憶に関してはどの位残っているのでしょうか?

その後、当時五月流宗家であった現・五月千王(せんおう)から直接教えを受けています。

歌舞伎の世界もそうですが、家族代々途切れることがないように、受け継がれてきている文化というのがあるのですね。

そして五月流二代目五月千和加を継承したのが18歳の時、2010年7月7日の事です。

五月流三代目家元を襲名したのは、2013年4月27~28日の公演の時で、いずれも国立大劇場で行われました。

現在は五月流三代目として、門弟の指導や舞台の指導も行い後進を育てながらも、英会話、書道、ピアノ、ボイストレーニング等の自分の為の勉強も欠かしてはいません。

それ以外にも勿論、琴、三味線といった日本舞踊にとっては必須の項目もありますし、五月千和加さんはかなりの勉強家という事がわかります。

スポンサーリンク

日本舞踊五月流の歴史とは?

五月流
出典:http://fujikawaryu.cocolog-nifty.com


最後に日本舞踊五月流の歴史について見ていきたいと思います。

元々は(現)流祖、五月千王が坂東流を辞めて、昭和50年に五月流を創設し千王(当時は千介)が宗家・家元の任に就いた事が始まりです。

となると歴史的には、日本舞踊の世界ではそんなに長くない方なのですね。

その後、昭和53年に千王の娘である千和加(現二代目千介)が二代目を継承し、宗家を千介、家元を千和加として二輪歯車で活動をしておりますとの事。

現在は、流祖五月千王の監修の元、二代目千介、三代目千和加の二人で五月流の運営、門弟への指導、舞台出演等、活動は多岐に渡っています。

 
  • 創流:1975年(昭和50年)
  • 流祖:五月 千王
  • 宗家:五月 千介
  • 家元:五月 千和加
  • 本部:東京都台東区池之端
  • 稽古場数:50ヶ所余
という訳で、今回は今までの日本舞踊の概念を飛び越えた「ギャル家元」五月千和加さんについて調べてきました!

これからも日本の伝統芸能の新しい顔として活躍していただきたいですね。

スポンサーリンク