Pocket

赤西仁

出典:http://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com

元KAT-TUNのメンバーの赤西仁さんが、現在中国で物凄い人気なのはご存知でしょうか?

赤西さんといえば、ジャニーズに居た頃は、日本での人気も凄まじくKAT-TUNとしてデビューした時の勢いは、このままトップアイドルグループになるのではないか?と思わせたほどです。

しかし、突然の海外留学や、グループ脱退、そして女優の黒木メイサさんとの「でき結婚」、ジャニーズ事務所退所等、かなり色々ありましたw

そこで今回は、2014年2月に、ジャニーズ事務所を退所した赤西さんの現在の中国での様子等を見ていきます!

スポンサーリンク

赤西仁の現在は中国でテレビ出演の画像!

赤西仁

出典:http://kawarawari.jp

ジャニーズ事務所を退所した後、日本ではテレビでその姿を見る機会が減ってしまった赤西さん。

もともと、独学で英語をマスターするなど、アメリカや海外での活動を視野に入れていた赤西さんは、中国でドラマ出演を果たしています。

それが、中国のネットドラマ「真夜中のタクシー2」という作品。

この作品の最終回にスペシャルゲストとして出演すると、それまでも中国国内では人気がありましたが、その勢いが一気に加速します。

「赤西仁 真夜中のタクシー2」

「赤西仁 真夜中のタクシー2」

「赤西仁 真夜中のタクシー2」

相変わらずセクシーな視線を見せてくれていますね。

中国版Twitterの「ウェイボー」では200万人以上のフォロワーがいるとも言われていますし、さらには来年放送予定の中国ドラマ「大溌猴」にも出演が決まっています。

こちらは、あの「西遊記」をモチーフにした歴史ファンタジー作品で、赤西さんの役は、天界の神・二郎神。

またこの作品には、香港、台湾、中国とアジア各国のスター達が出演することも決まっていて、まさにアジアでの赤西さんの人気の高さが認められている証となっていますね。

日本では、ジャニーズ事務所を辞めた後にすぐドラマに出演することなどは許されないという、悪しき習慣のようなものがありますね。

そんな状況の中、影響が及ばない国外に活躍の場を求め、結果を出している赤西さんの実力もさることながら、支えているファンの方たちの熱さというものには感心します。

ちなみに赤西さんは、アジアのマーケットで着実に実績を積んで、2016年4月には「アジアで最も影響力がある日本人」に選出されています。

このことが、本国、日本であまり騒がれていないのも、何か妙なものを感じますね。

スポンサーリンク

赤西仁の現在には飯島マネも関係?事務所は?

赤西仁

出典:http://kawarawari.jp

今現在特定の事務所には所属していないという赤西さん。

なぜ、その彼が中国をはじめここまで、アジアで活躍することが出来ているのか?

そこに、あのSMAPの元マネージャー飯島さんの存在があるのではないか?という憶測が流れています。

飯島さんと中国との関係については「こちらの投稿」で触れていますので、詳しい所を知りたい方は併せて御覧ください。

まず、赤西さんと飯島さんの関係について見ていきましょう。

まだお互いにジャニーズ事務所に在籍していた時、KAT-TUNを脱退してソロになったものの、悪いイメージが少なからずついてしまい、担当するマネージャーが決まらなかった時に、赤西さんの才能を買い、担当を買ってでたのが飯島さん。

所属レコード会社を、ジャニーズ内のレーベルにせず、外部のワーナーミュージックにしたのも、飯島さんのアドバイスがあったからだといいます。

その後、2人共ジャニーズ事務所は出ていますので、仕事のことなどで個人的に相談している関係になっていても不思議ではありません。

飯島さんは現在、中国の大手免税店「ラオックス」が立ち上げた、日本のコンテンツを海外発信する新会社の代表に就任しています。

日本では鉄の掟があるために、表立った芸能活動は出来ないであろう両者。

飯島さんにとっても、新しく始める事業になりますので、中国で絶大な人気を誇るようになった赤西さんの存在は力になるでしょうし、海外での活躍を目指す赤西さんにとっても利害関係は一致しているような気はします。

また今は、BSやCSといった多チャンネル化で、そこへ加入者を増やせる優良コンテンツを、皆必至で探しているという状況もあります。

飯島さんは、日本のコンテンツを海外発信するという事業を行うということですが、日本でも根強い人気のある赤西さんが、中国のドラマや映画でメインキャストに名前を連ねれば、それを逆輸入という形で、コンテンツを買い付け、日本に流すということも十分考えられます。

これには、もちろん赤西さんの人気が、日本でもあり続けるというのが条件となってきますが。

輸入版で、有料放送ならば誰も口出しは出来なそうですからね。

何にしても、これからの展開は楽しみです。

需要のあるコンテンツが、どんどん流通する事は素晴らしいことですからね。

スポンサーリンク