Pocket

ウマミバーガー

出典:http://rs6626.xsrv.jp

アメリカLA発の人気ハンバーガーレストラン「UMAMI BURGER」(ウマミバーガー)の日本進出1号店が、東京の北青山に3月24日にオープンすることが決まりました!

その名もズバリ「UMAMI BURGER青山店」(東京都港区北青山3)

「UMAMI BURGER」は、2009年にLAで創業。

アメリカ国内で、5州25店舗展開しています。

ここのコンセプトは「うま味を最大限に引き出す調理法を確立し作るハンバーガー」

店名も、その思いを受け、日本語の「うま味」から来ています。

ここまで聞くと、何故今まで日本に入ってこなかったのか不思議ですね。

アメリカ版「GQ」誌の「2010年ベストバーガーオブザイヤー」、「TIME」誌の「史上最も影響力のある17のバーガー」に選出されるなど、そのお味は保証済み。

そこで今回は、3月24日のオープンの頃には、大きな話題を集めているであろう「UMAMI BURGER」日本進出1号店について、気になる事を調べていきます!

スポンサーリンク

ウマミバーガー東京のメニューと値段や味は?

アメリカ以外の国では初めての出店となる「UMAMI BURGER青山店」。

青山・表参道エリアといえば、東京の中でも「最新のトレンド発信地」であるとともに、日本、海外のハンバーガー店が数多く点在している「バーガー激戦区」

「UMAMI BURGER青山店」は、店舗面積170平方メートル、座席は70席という規模になります。

また、日本での展開にあたり、アメリカ国内で提供しているものの中から「日本人の味覚に合う商品」をラインナップするということですので楽しみです。

現在のところ予定されているメニューの中から、特に注目なものをお値段と一緒にご紹介していきます。

「UMAMI BURGER青山店」メニュー・値段

「UMAMI BURGER」
ウマミバーガー

出典:https://image.entabe.jp

こちらは、ローストトマトや椎茸、パルメザン、キャラメルオニオン、パティを挟んだもので、お値段は1,380円。

その名前からも、こちらの看板メニューにして、入門編となりそうですね。
「FALAFEL BURGER」
FALAFEL

出典:http://www.thebuddhistchef.com

こちらは、ひよこ豆で作ったコロッケ「ファラフェル」を挟み、アボガドペーストとヨーグルトソースで仕上げる「FALAFEL BURGER」。お値段は1,280円。

「ファラフェル」というものを食べたことがないので、ちょっと味が想像できませんが、アボガド味は女性にも人気なので、こちらも注目が集まりそうですね。
「TRUFFLE FRIES」
ウマミバーガー

出典:http://chasingjamesbeard.com

こちらは、ポテトにトリュフチーズをかけた「TRUFFLE FRIES」。お値段は800円。

ハンバーガーレストランといえば、やはり美味しいポテトということで、実はこの商品1番気になりますw

ポテトにしては結構お値段も張りますが、お店に行ったら取り敢えず絶対に注文してしまうでしょう。
「TERIYAKI BURGER」
ウマミバーガー

出典:https://news.biglobe.ne.jp

そして、日本限定メニューとして、テリヤキソースを絡め、パティとレンコンやなめこ等を挟み、ワサビを隠し味として加える「TERIYAKI BURGER」。お値段は1,380円。

テリヤキバーガーは日本では特に人気が高いですからね、こちらも楽しみです!
「FISH CURRY BURGER」
こちらも、日本限定メニューとなる「FISH CURRY BURGER」。お値段は1,280円。

マダラのフライにハーブを加えた自家製タルタルソースをかけて、さらにカレーを隠し味に加えています。

う~ん、美味しそう。

ちなみに全てお値段は税別となります。

「UMAMI BURGER青山店」のメニューのリンクを貼っておきますので、その他の商品もチェックしてみたい方は是非!

「UMAMI BURGER青山店 メニュー」

お店の営業時間は11時から23時まで。

メニューの中には、サラダ、デザート、アルコールを含むドリンクなども予定されていますので、家族連れの方や、カップル等、幅広いお客さんで溢れることが予想されますね。

スポンサーリンク

ウマミバーガーのメ評判やカロリーは?

ウマミバーガー

出典:https://i0.wp.com

それでは、現地アメリカで実際に「UMAMI BURGER」に行った日本人の方々の感想や評判をピックアップしていきます!

「テーブルサービスタイプのレストランなので、それなりのお値段はします。チップも必要ですので、ハンバーガー、ポテト、ドリンクでひとり20ドル以上はかかると思ってください。ただクオリティが高いので満足です。大学芋のような甘いポテトがおすすめです。」

「ハンバーガーというと日本ではファストフードのイメージですが、ここは思いっきりレストランという感じ。
味は普通に美味しく、口に入れるために押しつぶしても変に崩れたりせず食べやすかったです。」

「うまみバーガーは丁寧に盛り付けられていて、日本人の舌に合うと思います。 サイドで付けたフライドポテトが結構多いです。 バーガーとポテトどちらも美味しかったです。」

「バーガーひとつの値段をみてもちょっと高めですがバンズはふわふわしていて美味しかったです。
あとフライ類がキムチ味なんかもあって、日本のバーガー屋さんでは食べれないような味という点で評価したいです。」

「ファーストフードではなく、丁寧に作られたハンバーガー。 umamiという言葉に基づいたハンバーガーは日本人向けな印象。」

「バーガーはしっかりとお肉の存在感があります。だから、最初にお肉の焼き加減をきいてくれます。」

引用元:Trip Adviser

このような評判を見てみると、とても寧に作られているハンバーガーで、日本人の舌には合いそうですね。

また、お値段は高いですけど、かなりお腹一杯になるということなので、「ファーストフード」というよりは、ちゃんとした食事というイメージの方が合うのかもしれません。

最後に気になるカロリーなんですが、公式サイトには記載されていませんでした。

ただ、やはりハンバーガーなので、それなりのカロリーにはなると思われます。

ちょっとしたご褒美感覚のハンバーガーとして定着するのか、オープンが待ちきれないですね!

スポンサーリンク