Pocket

長谷川豊

出典:http://blog-imgs-93.fc2.com

元フジテレビのアナウンサーで、度々ブログ等での過激な言動で物議を醸し、炎上騒ぎを起こしていた長谷川豊さんが、何と次期衆院選に立候補するという動きになっています。

正直今までの発言などを見ていると、大丈夫なのか?という気もしますが。

そこで今回は、これまでの長谷川さんの問題となったブログの内容等を振り返っていきたいと思います!

スポンサーリンク

長谷川豊が炎上した内容は?理由はなぜ?過去ブログからの不適切発言

長谷川豊

出典:http://gozzip.jp

まずはこちら、遺伝などの先天的な理由で人工透析をされている患者に対してではなく、いわゆる「自業自得」(食べ過ぎ等の生活習慣から)で、人工透析になった人達への、激しい攻撃的な発言を綴ったブログ。

自業自得の人工透析患者なんて、全員実費負担にさせよ!

無理だと泣くならそのまま◯せ!今のシステムは日本を亡ぼすだけだ!!

引用元:長谷川豊 公式ブログ

あまりに過激な言葉なので一部伏せていますが、メディアに出る仕事、それも言葉を扱うプロのアナウンサーという肩書の人が、不特定多数の人が見るブログに投稿する言葉ではないですね。

問題提起として掲げるなら、自分の言葉をまずは聞いてもらえるような配慮をするべきなのではないか?と思いますし、単純にこういう強い言葉を、公の場で使う自分に酔っているだけのような気もします。

この人の、次の言葉を、聞いてみようとはならないです。

その他の記事も、もう1つ見ていきましょう。

バカ老人が病院でお茶会をするために、若者たちから金を搾取る国=日本を改善せよ! 叩きなおすべきは「社会保障給付費」だ!!

引用元:長谷川豊 公式ブログ

ただただ、「何様なんだ?この人は?」という感じしかしません。

もちろん、それぞれの人に考え方があるのでいいんですが、長谷川さんは単純に自身の本能的に他者を攻撃する欲求が強くて、その感情を発散するためにこのような強い言葉を使っているようにしか思えないです。

一連の問題の後も自分のレギュラー番組の本数や、ギャラなどについて言及し強気な発言で、コメントを送ってくる人達とやりあっていました。

そんな所が問題になっているんじゃないのに。

自己顕示欲の塊みたいな人だな~と当時思いましたね。

結局、全てのレギュラー番組を降板することになりますが、その時のブログでも、強気な姿勢は変わりませんでした。

本心を言うと、さすがにテレビ上の発言ではなく「ネットのブログのタイトルの文言」が、テレビ大阪の仕事を「降板」というところまで発展するとは夢にも思ってはいませんでした。そこは私の甘いところでした。私はネットはネット、番組は番組で使い分けているつもりでしたが、そういう訳にも行かなかったのでしょう。スポンサーへの大量の攻撃の呼びかけもあったと聞いています。関係各所に大変なご迷惑をおかけしてしまいました。

引用元:長谷川豊 公式ブログ

自分の言葉で不愉快な思いを多くの人に与えたのにも関わらず、一切その人達への謝罪はないですね。

まぁ、そういう人なんでしょw

ただでさえこんな偉そうな人が、もし政治家になんてなったら、どうなっちまうんでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

長谷川豊

出典:http://www.j-cast.com

長谷川さんは、かつてはフジテレビに在籍していました。

そしてニューヨーク支局で勤務するなど活躍しますが、金銭トラブルが元でアナウンサーを降格。

その後フジテレビを退社しています。

この件の真相は未だに明らかにされていませんが、どうもあまりいい印象を受けません。

個人的には、こういう「問題提起」をする時に、過激な言葉を使う人はあまり好きじゃないし、そもそも「ある問題」を本当に議論したいなら、このようなやり方をする人は、かえって邪魔になるような気がします。

今回、長谷川さんを擁立する姿勢を示している、日本維新の松井一郎代表は「彼は反省し続けないといけない。メディアの人間として失格。だが、維新の会は失敗した人にも再チャレンジを認めていきたい」と、語っていますが、そもそも長谷川さんは自分の発言等に対して反省なんてしてないと思うんですけどね。

「バカが騒いでるから辞めてやった」くらいにしか考えていないんじゃという気が。

でも、「発言の場」を得るということには成功したので、長谷川さん的には取り敢えず満足という所でしょうか。

スポンサーリンク