Pocket

杉山セリナ

出典:http://line.blogimg.jp

現役女子大生タレントの杉山セリナさんが、4月から「NEWS ZERO」の金曜日のカルチャーコーナーとお天気コーナーのキャスターをと務めることが発表されました。

番組史上最年少での起用となります。

杉山さんは、上智大外国語学部英語学科に通う1年生です。

メキシコ人の父と、日本人の母を持ち、英語とスペイン語が話せるトリリンガルということで、最早バイリンガルなんてもう珍しくもないんですね。

4歳からはアメリカ、5歳からは6年間メキシコで生活を送るなど海外での暮らしが長い杉山さん。

日本人の感覚とは、また違った角度からの意見などもあると思うので、その発言にも注目が集まりますね!

スポンサーリンク

杉山セリナのカップのでかい画像は?

杉山さんについては、まだあんまり知らないことも多いので調べてみるとまず検索されているのが「でかい」とか「カップ」という言葉w

男っていうのは、しょうがないものですねw

実際に杉山さんの画像を見てみると、かなりスレンダーなのに出るとことは出ているというか、外国人体型。

この辺りは、やはりメキシコ人の血を引いていることも関係しているのでしょう。

南米の女性のようなメリハリのあるスタイル。

「杉山セリナ 画像」

「杉山セリナ 画像」

「杉山セリナ 画像」

ただこれまでに、水着の撮影などをしたということは無いみたいで、そっちの方向での活動には興味が無いみたいですね。

また海外生活が長いということなので、事務所から言われてもやりたくないことはやらないと、キッパリ言いそうな気もします。

既に、滑舌矯正のためにアナウンススクールにも通っているといい、やる気満々。

将来的には、アメリカのアカデミー賞のレッドカーペットでインタビューがしたいという目標も持っていて、憧れの女優・スカーレット・ヨハンソンに会える日を夢見ているといいます。

いや~、まだ10代なのに、こんなにもちゃんと自分の進むべき道を決めて進んでいるなんて、凄いですね。

スポンサーリンク

杉山セリナの過ごしたメキシコの危険な場所はどこ?

そんな杉山さんが、まだ高校生だった頃(といっても昨年ですがw)に出演した「ワイドナショー」。

その中で、自身がメキシコで暮らしていたときの話をしていましたが、その内容がかなり衝撃的で、日本で暮らす私たちからは想像もつかないものでした。

というのも、メキシコの中でもかなり治安が良くない所だったらしく、危険な事が日常茶飯事的に起こっていたといいます。

例えば、
  • 街中で薬をやっているのは当たり前
  • しょっちゅう銃声が聞こえる
  • ギャング同士の抗争の結果、生首が普通に通学路とかに置かれていた等など
怖っ!

こんな話を、あんな綺麗な顔して飄々と話している高校生を見たことが無かったので、何となく印象に残りました。

杉山さんが過ごした危険な地域とはメキシコのどの辺りなのでしょうか?

本人が語っていたのは、
  • フアレスから南南東に800km付近
  • 抗争、発泡騒ぎが頻繁にある危険地帯
  • 薬を運ぶために通る場所
ということです。

メキシコ

出典:http://www2m.biglobe.ne.jp

シウダード・フアレスから800kmほどで、海岸沿いにも面していてということで、本人から直接語られてはいませんが杉山さんが生活していたのは「アカプルコ」なのではないか?と思われます。

アカプルコは、世界の中でも治安が悪い地域の上位にランクインするくらいの危険地帯だということです。

そりゃ、肝も座りそうだな~と妙に納得。

というわけで、度胸も満々な杉山さんのキャスターぶりに要注目ですね!

スポンサーリンク