Pocket

イチロー

出典:https://akizukiseijin.files.wordpress.com

開幕が近づいている、第4回WBCワールド・ベースボール・クラシック。

投打の柱として、当初期待されていた大谷翔平選手の辞退や、本番直前になってチームの精神的な柱的な役割も期待されていた、嶋基宏捕手の離脱と、あまり景気のいい声が聞こえてこない今回の侍ジャパン。

実際に、強化試合として行われた試合を見ていてもかなり厳しい戦いぶりでした。

若手中心の阪神タイガースに力負けをしてしまった試合を見て、不安になった方も多いのではないでしょうか?

(因みに、今年の阪神は強そうです!)

アメリカを始め、かなりのメンバーを揃えてきている今回の大会。

実は、日本も当初はドリームチームを作るために、小久保監督がシーズン中のアメリカに渡り、メジャーリーグで活躍している選手達の動向をチェックしていました。

そして、その中にはあのレジェンド・イチローの姿も。

スポンサーリンク

WBC2017イチロー侍ジャパン辞退の理由や発言は?

実は今回の侍ジャパンのメンバーの最終候補の中に「イチロー」の名前があり、水面下で出場に向けての交渉が行われていたという報道がありました。

前回(第3回大会)の段階で、「3回目の出場は考えられない」という発言をしていたイチロー選手。

それからさらに年齢を重ねていることから、今回の出場に関しては当然無いだろうなと思っていました。

しかし、小久保監督は本気でイチロー選手を呼ぼうとしていたといいます。

役割的には、プレー面も勿論ですが、精神的支柱としての部分を求めていたと。

最終的にイチロー選手が下した判断は「NO」。

ま~、そうですよね~w

正直イチロー選手のWBCは、本人の中ではきっと、第2回大会の決勝の韓国戦での「最後のセンター前ヒット」あれで終わっていますよね。

アレ以上の場面はそうそう無いでしょうし。

因みに、今回の辞退理由については「日の丸を背負う自信がない」ということだと報じられています。

第2回大会終了時には、胃の調子をおかしくしてしまったほどのストレスを抱え込んでいたイチロー選手。

あれから、さらに数年が経過した今のイチロー選手に、そんな重荷をかけるのは酷な気がします。

スポンサーリンク

WBC2017イチロー侍ジャパン辞退と小久保に激怒!

誰よりも、日の丸の重みを知っているからこその辞退に繋がったイチロー選手の決断。

これに関しては、賛同の声のほうが多く聞かれます。

しかし、個人的には小久保監督の頼りなさが目立つ気がします。

今までのような、準備期間の無かった代表監督とは違い、4年間の準備期間が小久保監督にはありました。

その間に、精神的支柱となる選手を作れず、最後になってまでイチロー選手に頼ろうとしていたこと。

そして、むしろ比較的選手たちと年齢の近い小久保監督ですから、そもそも自分が精神的支柱としてドカッと構えるくらいの監督になっていて欲しかったと思います。

まぁ、小久保監督だけの問題では無いと思いますけどね。

大谷選手という、いわば1番の目玉である選手の辞退という知らせを、我々一般のファンと同時に知る代表監督って一体?と不思議に感じたものです。

今回選ばれているメンバーは若い選手が多いですし、これからの日本を背負っていくメンバー達です。

どのような結果になるかは分かりませんが、サポート体制という部分では、もっと改善していかないといけない所がたくさんあるな~という気がします。

とにかく大事なシーズン前に怪我というリスクを犯してまで、全力で日の丸のために戦う選手たちを心から応援したいです!

スポンサーリンク