Pocket

波瑠

出典:http://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com

いつの間にか、大人気若手女優の1人になっていた波瑠さん。

やはり国民的女優への登竜門的な、NHKの朝の連続ドラマ「あさが来た」のヒロイン役を射止めた事が大きいのでしょう。

一気に知名度も上がり、その後の活躍に繋がっています。

そんな波瑠さんですが、プライベートな部分があんまり見えてきません。

女優さんなので、ミステリアスな所を残しておくことも大事なのは分かりますが、やはり少しくらいは人間味のある所を見てみたくなるのが、人の性です。

そこで、波瑠さんの性格について、巷の噂などから検証していきたいと思います。

スポンサーリンク

波瑠の性格は悪そう?良さそう?天然?

私生活があまり見えてこなくて、イマイチどんな人なのか掴みどころのない波瑠さん

ネット上でも、波瑠さんの性格については、

「悪そう?」

「良さそう?」

「ただの天然?」

等など、バラバラな印象を持たれているようで、結局「全く分からないんじゃんw」という感じです。

それでは、早速見ていきましょう!

波瑠の性格は「悪そう?」

波瑠さんの性格が悪そうというエピソードの中で有名なのが、関ジャニ∞の横山裕さんとドラマで共演した時の話。

撮影初日に波瑠さんが横山さんに、どこに住んでいるのか尋ねます。

それに返答した横山さんは、自然な流れで「波瑠ちゃんは?」と聞くと、「何で答えないといけないんですか!」とピシャリ。

横山さんは、意気消沈したそうです。

いつも以上に、口をポカーンと開けていたといいます。

後日談として、この時のことを波瑠さんは、「もしかしたら私にゆかりのある場所かなと思ったら、縁もゆかりもない場所だった。撮影も初めの方で横山さんの情報収集という目的だったので、私が住んでいるところは関係なかった」と、これまた真顔で説明。

元々マイペースで、どこまで本気で、どこから冗談かがわからない所があるという波瑠さん。

たまに居ますね、普通の顔して、いきなりズバッと直球を顔面に投げてくるような人。

受け取る側としては、ちょっとキツイなと思ってしまうかもしれません。

ただ、この波瑠さんにしても悪気は全く無いのだと思います。

波瑠の性格は「良さそう?」

以前、番組で共演していた鶴瓶さんは波瑠さんについて「変な子」だと語っていました。

まぁ、鶴瓶さんの方がよっぽど「変な人」な気もしますが。

この「変な子」は、鶴瓶さんならではの褒め言葉でしょう。

見た目によらず「男前で負けず嫌い」な波瑠さんの性格を、番組を通して感じ取った鶴瓶さんならではの表現ですね。

共演していた番組は「A-Studio」。

ゲストについて、トコトン深くまで調べて語っていくトーク番組ですね。

まさに、「人たらし鶴瓶」の十八番のような番組。

波瑠さんは、そのアシスタントでしたが、当初はあまり自分から話すこともなく、むしろトーク番組とかはあまり得意では無かった印象です。

その中でも、回を重ねるごとに、自分の色を出して積極的に会話にも入ってくるようになったのは、彼女の真面目で負けず嫌いな性格からでしょう。

そんな努力家な一面を鶴瓶さんは、感じ取っていたのかもしれませんね。

波瑠の性格は天然?

波瑠さんは天然?と言われている短いエピソードも1つ。

映画「グラスホッパー」で共演した生田斗真さんが、語っていた話です。

この映画の舞台挨拶の時、波瑠さんのちょっと抜けている一面として、「さっき自分の楽屋に間違えて入ってきた」と明かしていました。

これだけで、天然とするのは難しいですが、ま~普通はちょっと部屋に入る前に名前の確認くらいはチラッとしそうなものですよね。

波瑠さんの大物ぶりがうかがえます。

スポンサーリンク

波瑠は共演者キラー?

最後に、波瑠さんにまつわる噂でもう1つ。

それは「共演者キラー」説。

これは単純に、共演してきた人とのエピソードトーク等から発展したもので、信憑性は今のところないのではないか?と思います。

というのも波瑠さんは、ジャニーズ事務所のタレントとの共演が多いです。

「あさが来た」では、ジャニーズwestの桐山照史さん、「ON 異常犯罪捜査官 藤堂比奈子」では 先述の横山さん、さらには「世界一難しい恋」で、嵐の大野智さん、と立て続けに共演。

これは、あのジャニーズ事務所から、「波瑠さんなら心配ない」と太鼓判を押されているようなもの。

このことからも、業界内で波瑠さんは「共演者キラー」だという説が流れているとは考えづらいのではないかと。

波瑠さんは、以前坂口健太郎さんとの恋の噂がありましたが、あっという間に消えてしまいました。

その後浮いた話も聞かれないので、今年は何か新しい展開があるのか?

気になるところではあります。

スポンサーリンク