Pocket

てるみくらぶ出典:http://www.sankeibiz.jp

「てるみくらぶ」の社長である山田千賀子さんが、東京地裁から破産手続き開始決定を受けたことにより、3月27日に記者会見を開き、騒動について謝罪しました。

「私の不徳のいたすところです。誠に申し訳ありませんでした」と涙ながらにお詫びをし、経営が悪化した理由については、一昨年の春から打ち始めた新聞広告により、コストが多くかかり、経費がかさんでしまった為と説明。

また、「てるみくらぶ」の代理人弁護士は、影響を受けている旅行客数や、顧客に対する負債がどうなるかについて、ハッキリとした数字は明かせないが、一般の旅行者に関しては約3万6000件、99億円あまりと試算しています。

さらに負債総額は合計で約151億円という数字も上がるなど、解決の糸口さえ見えてきません。

詰めかけた報道陣から「計画倒産ではないか?」「詐欺ではないか?」という厳しい質問も飛び交いましたが、山田社長は、これらを一切否定。

あくまで、お客様に安くてより良い商品、サービスをと思って行った結果だと述べています。

スポンサーリンク

てるみくらぶ社長の経歴で(株)自由自在はどこへ逃げた?

「てるみくらぶ」の社長の山田さんは、もう一つ会社を持っていました。

それが、株式会社自由自在。

こちらの会社もいわゆる格安旅行代理店で、2005年に設立されています。

しかし、こちらの会社も「てるみくらぶ」と同時に倒産に追い込まれており、ホームページをチェックしてみると「倒産」の文書だけに差し替わっています。

「株式会社自由自在 倒産文書」

何ともきな臭いですね。

この自由自在についてのネット上での評判を調べてみると、かなりの悪評が目立ちます。

一部抜粋します。
  • とにかく対応が悪い
  • 「てるみくらぶ」系列だから安心していたけど最悪
  • キャンセルしていないのに、勝手にキャンセルされていた
  • 質問要望を送っても、返信メールはない
  • 自分が予定していたのとは別の航空会社を手配されていた
等、基本的な対応の悪さから、手続き上のクレームまで、散々な状態のようです。

また、謝罪メールの対応も軽い等の批判もあり、山田社長が会見で言っていたような、「お客さんに安く最高のサービスを」という、経営理念からは、逸脱していた模様ですね。

スポンサーリンク

てるみくらぶ社長の山田千賀子氏の逮捕は?

同時に、自身の経営する会社を2つも破産させた山田社長。

疑われるのは、初めから計画的に倒産を考えており、その前に集められるだけお客さんを集め、荒稼ぎしていたのではないかという疑問。

となると、完全に詐欺行為にあたるんではないか?とも思います。

勿論、「計画倒産」が認められれば、詐欺破産罪(破産法265条1項1号)に該当し、逮捕されます。

因みに、10年以下の懲役もしくは、1000万円以下の罰金刑に処されるということ。

なので、本人の口から「計画的でした」という言葉が聞かれることはないでしょう。

これからの争点は、この計画的だったという事が立証出来るのか?

という事になってくるでしょう。

そこで、最近の「てるみくらぶ」の経営についてみてみると、格安旅行代理店の過当競争、テロ等の影響による海外旅行客の減少、さらには円安の影響もあり、利益が悪化しています。

資金繰りも限界に達していて、取引先への支払いの変更などでやり繰りしていた状態。

まさに、自転車操業。

その結果、ツアー催行中止や、航空券の発券も出来なくなるなど、経営状態は末期に。

これら、複数のトラブルが表面化し一気に倒産となっています。

そして、疑うべき点として、こんな経営状態にも関わらず、騒動の前に大々的な広告を打ち出しています。

しかも「現金一括払い」によるツアーを大量に募集し、格安で大量に一括払いの契約をするようにと、お客さんに勧めています。

とにかく、現金を少しでも多く集めたいというような思惑が見え隠れするのですが。

今後の捜査の行方にも注目していきたいです。

スポンサーリンク