iPhone出典:http://i1.wp.com

今年の「iPhoneの新作モデル」の発売が、予想よりも遅れるかもしれないという報道が、数多く出回っています。

この情報は、ブルームバーグがまず初めに報じると、次には、KGI証券のアナリストのミンチー・クオも後を追っています。

更には、世界最大の経済メディアである、日本経済新聞でも伝えられています。

次のiPhoneは「10周年記念モデル」となるため、注目度もこれまでより高くなることが予想される中、今現在、噂されていることなどについて、調べていきたいと思います!

スポンサーリンク

iPhoneの10周年モデルの発売はいつ?

何故「iPhoneの10周年モデル発売」の発表に遅れが出ているのか?

ここからは、日経の英字メディア「Nikkei Asian Review」の記事を参考にしていきます。

その理由として、まず浮かんでいるのが、「主要コンポーネントの調達が困難になるという問題に直面している。」というもの。

関係者の話を総合すると、ディスプレイやワイヤレス充電器関連の部品、サーキットボードの調達に遅れが出ているといいます。

これは、アップルが新モデルに使用する、サムスン製OLEDパネルの製造に、問題が発生したためだとも。

更に記事には、「アップルはワイヤレス充電モジュールの加熱問題を克服できていない。」「新モデルのサーキットボードの量産に問題が発生している」といった点も指摘。

発売日の予想としては、今年の暮の「クリスマスシーズン」位にまで、ズレ込む可能性もあるのでは、としています。

「クリスマス商戦」に合わせている、ということではないのでしょうが、年末といえば、何かと出費がかさみますし、悩みます。

ま、焦って直ぐに購入する必要性も無いんですけどねw

ついつい、欲しくなってしまうもんなんです。

スポンサーリンク

iPhoneの10周年モデルの大きさや色の噂は?

ここまでは「発売日の遅れ」という、ガッカリ情報でした。

それでは「iPhone 10周年モデル」の発表を待つファンにとって、喜ぶべき情報はないのでしょうか?

早速調べてみますと、グッドニュースもありました!

それは、製造の遅れに関して。

その理由の1つになっているのが、アップルが新モデルの電子基板を小型化し、これまでよりもパワフルなバッテリーを搭載しようとしているためというもの。

これは、ユーザーには有り難いです。

更に、いま出てきている噂をまとめてみると、記念すべき10周年モデルということもあり、アップルは、次期新型iPhoneについて、妥協なくクォリティーを上げる努力をしているということも言われています。

その為なら、商品のリリースを遅らせるのも、覚悟の上だということですね。

という訳で、もうしばらく待つしか無いというのが現状のようです。

後、気になるのは「そのデザインについて」ですね。

既に公開されている「新型iPhone」のコンセプト動画を見てみましょう!

 

 

かなりスッキリした印象です。

実際の厚みは不明ですが、今ある情報を調べてみると「6,9mm」になるとのこと。

そして「カラー展開」は、ゴールド、ローズゴールド、シルバー、ガンメタルブラック、の4色になり、その内のガンメタルブラックに関しては、フレームの色が、2色(ブラック、シルバー)になるのでは、という噂が。

「iPhone 10周年記念モデルのカラーバリエーション画像」

2016年は、アップルの業績低迷についてのニュースも、よく流れていました。

そんな中、登場予定の「新型iPhone」には、アップルも相当気合が入っているでしょうし、その為の発売の遅れでもあると思います。

アップルにとっても起爆剤となるのか、これからより一層注目が集まりそうですね!


スポンサーリンク