Pocket

ジャニーズ事務所出典:http://biz-journal.jp

ジャニーズ事務所の契約更新は「9月」と言われていて、それぞれの意思確認は、その3ヶ月前に行われるといいます。

つまりは「6月」ということですね。

そこで注目を集めるのが、昨年末に解散した「SMAP」のメンバーたちの動向。

早くから、事務所に残る意思を表明していたという、木村拓哉さんは、新しい映画の仕事などが決まっているために、事務所移籍の可能性は、ほぼ無いと見られています。

一方、中居正広さん、稲垣吾郎さん、草彅剛さん、香取慎吾さんの4人に対しては、いまだに事務所から独立するのでは?

という噂が、跡を絶ちません。

スポンサーリンク

SMAPが独立したら事務所はどこ?

昨年、あれほどの大きな騒動となった「SMAP独立解散騒動」。

これからも、直接的な理由が明らかになることは、まず無いと思います。

それだけに、メンバー達の独立の可能性に関しても、推測の域を出ませんが、これからもくすぶり続けるでしょう。

もし、4人が独立するとしたら、引受先となる事務所は、どこになるのでしょうか?

それぞれが、日本中で知られている程の知名度を持ち、タレント、俳優としても、確かな実績を持っているので、心の底では獲得を希望する事務所は多いと思いますが、やはりそこは「ジャニーズ事務所との関係」もあるし、そんなにすんなり行くような問題ではないんでしょうね。

ここで、SMAP独立に関して、名前の上がった事務所を見ていきましょう!

「田辺エージェンシー」

SMAPのメンバーとは、旧知の仲であるタモリさんが所属する「田辺エージェンシー」。

元々、SMAPの元マネージャーで、この騒動の中心人物とも言える、飯島三智さんが、相談を持ちかけていた事務所としても有名ですね。

しかし、結果は御存知の通りとなっています。

独立が失敗になった時に、ジャニーズ事務所と4人の、橋渡し的な役割も果たしたと言われていますので、新たに「移籍先」となる可能性は低いのではないかと、見られています。

「K DASH(ケイダッシュ)」

次も、SMAP独立と調べると、良く名前が出てくる事務所です。

こちらも、以前から飯島マネージャーとの関係が噂されていました。

「ケイダッシュ」は、1993年に設立された会社で、現在の会長である川村龍夫氏は「芸能界の新たなるドン」とも呼ばれている人物であるということ。

業界内でも、ジャニーズ事務所に対抗出来る数少ない事務所の1つと言われています。

所属しているタレントも、世界で活躍している渡辺謙さんや、モデルでも蛯原友里さん、最近ではお笑いの方面でも、オードリーなどが活躍していて、今後も、多方面に影響力を持つ事務所となっていきそうですね。

そんな、事務所の大きさからも、4人の「受け皿」となりうるのでは、と言われているようです。

「中居正広の新事務所設立」

こちらも、以前から噂されていましたね。

名前も「中居組」なんて報道もありました。

いわゆる、個人事務所的な方向性となるのでしょうか、ここに他の3名も合流するという見方です。

ジャニーズ事務所との提携を基本線にしていますが、他の事務所の業務協力も得ていいという、ジャニーズからの妥協案として浮上したと言われています。

これが本当だとするなら、昨年の騒動以降の、事務所のイメージ低下などを省みた、ジャニーズの苦肉の策という感じがします。

後は、これまでのSMAPメンバーの功績に対しての対価ということでしょうか。

スポンサーリンク

SMAPが独立したら事務所はどこ?飯島の現在の噂から可能性は?

さて、この騒動の発端となったのは「メンバー同士の亀裂」ではなく、ジャニーズ事務所と、SMAPの元マネージャー、飯島さんとの対立だったというのは、結構ハッキリとしていますね。

そんな飯島さんは現在、大手総合免税店「ラオックス」の関係者が立ち上げた、新会社の代表取締役を務めていて、業務内容としては、免税品のセレクト、不動産ビジネス、空間プロデュースとなっています。

飯島さんも、以前は、芸能界への復帰について考えていない」としていましたが、ここ最近のインタビューを見ると、どうやら心境に少し変化があったようですね。

その取材の中で、飯島さんは「もう私が出る幕はないと思っています」としながらも、このように答えています。

Q,SMAPの元メンバーの独立について注目が集まっています

「私は全然聞いていないので。本当に何も言うことはないんです」

Q,飯島さんと一緒に仕事をする可能性は?

「いまは何も申し上げられません」

Q,飯島さんが今後、芸能の仕事をやることはあるのでしょうか?

「それもわからないです。でも、どんなことがあっても、私から(言葉を)発することはないと思います。私は裏方ですから。それは私の信念ですし、私の生き様であり、生き方ですから。言葉は悪いんですが、もう私に構わないでほしい(笑)。いらしていただいて申し訳ないです。ごめんなさい」

引用元:週刊現代

このインタビューを見て「あれ、大分前とは意見が変わってきたな」という印象を受けました。

以前は、芸能の仕事に戻ることも、SMAPのメンバー達と仕事をまたすることも「完全に否定」していましたからね。

更に、現在の新会社にしても、先程述べたような「業務内容」の為だけに、新会社を立ち上げた、とは考えづらいですし。

どうやら「何か」動きがあるのではないか?

と、思ってしまいます。

その裏には、やはり飯島さんと、SMAPメンバー達の関係性があるのでしょうね。

4人のメンバーに関しては、これからジャニーズ事務所の留まったとしても、どのような活動になるのかは不透明です。

メンバー達が、飯島さんを頼るのか?

飯島さん側が、メンバーたちの状況を見て、何かを感じ、行動を起こすのか?

この辺りは分かりませんが。

とにかく、これから先もまだ何か動きがありそう、そんな感じを伺わせる「飯島さんのインタビュー」でした。

個人的には「もう独立でも、何でも好きにやらせてあげれば」という気がしますが。

スポンサーリンク