河北麻友子の吐きダコ画像は?最近は脚が太った?実家や体重は?

CELEBRITY NEWS
Pocket

人気モデルの河北麻友子さんですが最近は「世界の果てまでイッテQ!」などのバラエティでも大活躍しています。しかしあまりの忙しさからか痩せすぎなのではないか?という噂が出ています。

そこで最近の河北麻友子さんについて調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

「河北麻友子」が痩せすぎている?その原因は?

河北麻友子

出典:http://chikiyumi.com

河北麻友子さんは160cmを超える長身で、ファッション雑誌「ViVi」の専属モデルを務めるなど、そのスタイルの良さは誰もが認めるところでしたが、その体重は30kg台とも言われていて少し痩せ過ぎなのではないかと心配の声もあがっています。

確かにバラエティー番組などで拝見していると、その顔の小ささも手伝ってか、手足の細さが際立っている気がします。

河北麻友子さんが所属しているオスカープロモーションの公式プロフィールによりますと、その体重は38kgだという事です。この数字が本当だとしたら実際に見たらかなりの細さでしょうね。

そんな河北麻友子さんは自身の体質について語っていたことがありましたが、その理由とはズバリ「食べても太れない。」らしいです。そんなに食べていなくても太ってしまう人からみたら、かなり羨ましい話かもしれませんが、本人には悩みでもあるのかもしれませんね。

そして、もう一つ言われているのは「嘔吐癖」があるのではという事。

これは河北さんの手の甲に、いわゆる「吐きダコ」のようなものがあるように見えた写真からでた噂のようです。

「河北麻友子 吐きダコ」

自分の手を喉の奥に突っ込んで吐く時に歯に擦れて出来てしまうということなのですが、河北さんにこのクセがあるのかどうか真相は分かりません。

スポンサーリンク

細すぎる「河北麻友子」の現在の体重は?

河北麻友子

出典:http://static.pinky-media.jp

食べても太れない体質という事で、番組内で共演している方と比べてみても、あきらかにそのスリムさが目立っている河北麻友子さんですが、今現在の体重はどのくらいなのでしょうか?

先述したとおり公式プロフィールでは38kgという驚きの数字でしたが、最近のSNSでの写真を見ると以前よりは少しお肉がついて、健康的になっている印象を受けますのでプロフィールよりは、若干増えているのではないかと思います。

特に足は以前は棒のように真っ直ぐだったのが、肉がついてきたように感じます。

河北麻友子さんはアメリカ育ちですし、普通の日本人でさえ細すぎると海外では言われることも多いので、ひょっとしたら以前からもう少し肉感的な体になりたかったのかもしれませんね。

スポンサーリンク

「河北麻友子」の物凄い実家とは?

河北麻友子さんは幼少期をアメリカで過ごした帰国子女であり、実家はニューヨークの高級住宅街にある、かなり裕福な家庭で育ちました。

ひいひいおじいさんが、あの松田松陰の教え子で、明治維新後はサンフランシスコ領事である河北義次郎であるということで、代々続く名家なのですね。

そのエピソードには驚かされることが多く、有名な話ではあのロバート・デ・ニーロや、ビヨンセといった世界的大スターがご近所さんであったというものもありましたね。

さらに河北麻友子さんの家には本物のピカソの絵が飾られているそうで、これらの逸話からもかなり凄い実家が想像出来ますね。

そんなセレブでありながら、日本で女優になることを夢見て12歳の時に単身日本へ渡り、国民的美少女コンテストに挑戦しました。当時は英語のほうが得意であったために色々苦労もあったでしょうが、自分の夢を叶えていて素晴らしいですね!

 

 

 

 


 

 

 


 

 

コメントをどうぞ

ページの先頭へ