Pocket

松居さんが出典:http://m.sponichi.co.jp

結局のところ、「不倫はあったのか?なかったのか?」という所も、1つのポイントになってきそうな、松居一代さんと船越英一郎さんの「ドロ沼離婚騒動」。

松居さんが一貫して、船越さんの不倫相手だと主張しているのが、元々自身の友人でもあった、ハワイ在住の女性です。

ところが、この女性は、船越さんとの不倫について「事実無根」だとして、松居さんを提訴する考えもあるということ。

真相はまだ分かりませんが、実際に松居さんが訴えられたら、どうなってしまうのでしょうか?

スポンサーリンク

松居一代が訴えられる?名誉毀損の相手はハワイの女性?

松居さんの動画や、ブログでの訴えを見ていると、船越さんが不倫しているのは間違いないと思い込み、その相手についても、自身の友人であった、ハワイ在住のエステティシャンの女性(ここからはAさんとします。)だと主張し続けています。

このAさんには、夫、子供もいるということなので、事実なら「W不倫」になります。

しかし、Aさんは船越さんとの不倫について「あり得ない」と全面否定。

不倫の事実が無いのなら、これまで松居さんが一方的に主張している事は、全て「思い込み」ということになり、これにより迷惑を受けたAさんが、訴えに出るのも当然だと思います。

Aさんは、これからも松居さんが、自分を「船越さんの不倫相手」と決めつけ、勝手な主張を続けるようなら、連邦地裁に提訴する意向を示しています。

松居さんは、YOUTUBE動画などを通じて「船越さんの不倫」について、実際に起ったこととしていますので、これが全くの「誤解」であった場合は、その動画そのものも、物的証拠になりそうです。

立派な、Aさんに対する「名誉毀損」に当たりますね。

また、Aさんの夫は、「ハワイで3本の指に入る」と言われている、ハワイ州政府の顧問弁護士だということ。

ご存知、訴訟大国と言われるアメリカなので、今後の展開によっては、松居さんが巨額の賠償金を支払わされる可能性も出てきました。

スポンサーリンク

松居一代が訴えられる?名誉毀損の相手はハワイの女性で賠償金額は?

「訴訟大国アメリカ」で起きた、名誉毀損の損害賠償訴訟ということで、1つ例を挙げてみたいと思います。

2016年、アメリカ大統領選挙で、トランプ氏が新大統領に選出されましたが、そのトランプ氏の妻が、イギリスの新聞社などにより「結婚前に性的サービスを行う仕事に就いていたかのような虚偽の報道」がされたとし、1億5,000万ドル(約155億円)という、巨額の損害賠償を求める訴訟を起こしていたこともありました。

また、アメリカにおいては、名誉毀損があったのかどうかの判断をする時に、日本と違った枠組みがあります。

簡単に言うと、日本の場合は「表現が真実であること等」を、表現を行ったものが証明しなければいけないのに対して、アメリカの場合は、「表現が虚偽であること等」を、被害者(表現の対象とされたもの)が証明しなければいけないという点。

これは、特に公人の場合に当てはまります。

つまり、アメリカの場合だと、表現された内容が真実ではなく、それが「表現者の悪意」をもってなされたことだとするには、被害者の方が、主張を立証する必要があるということですね。

今回の件に話を戻しますと、もしAさんが、松居さんの主張が「悪意を持った虚偽」だとするのならば、それを証明するのは、Aさん側ということに。

Aさんの夫は、凄腕弁護士だと言いますし、その辺りは十分に相談をしているのでしょう。

その上で、強気なコメントを出せるということは、Aさん側には確固たる証拠があるのかもしれませんね。

松居さんが、Aさんについて主張していることも、まとめていきます。
  • ゴッドハンドと言われるハワイ在住のエステティシャン
  • 自分ととっても仲の良い親友(自身とのツーショット写真も公開)
  • 夫(船越さん)と親友がいつの間にかSEXをする仲になっていた(船越さんのパスポートの渡航履歴などを示しながら)
  • 彼女は人妻で、不倫して2年半
これらを見ていると、松居さんは、客観的証拠は示していませんね。

船越さんの所属事務所も、Aさんとの不倫関係については事実無根だと主張しています。

Aさん側が、船越さんとの不倫関係はないとする「証拠」を示すことが出来るなら、訴えに出たら、松居さんに賠償額が請求されることも考えられますね。

ただ、松居さんの総資産は「100億円以上」とも言われていますし、今の松居さんは、船越さんへの憎しみから、周りのこと、後のことなどは考えずに、トコトン自分の主張を貫くと思われます。

Aさんにしたって、自分の立場、守るべき家族の存在がありますので、真実でないのだとしたら、これ以上色々言われることは我慢できないでしょう。

実際に、Aさんは一般の方なんですが、ネット上では、もう特定もされていますからね。

既に、とんでもない迷惑を受けています。

両者とも非を認めることも無さそうなので、こちらも全く解決点が見えません。

スポンサーリンク