Pocket

森田出典:https://pbs.twimg.com

いよいよ放送が近づいてきたドラマ「ハロー張りネズミ」。

豪華キャストが集まった、今クールの注目作品ですが、今回はその中から「V6 の森田剛さん」について見ていきます。

V6で役者部門と言えば、真っ先に岡田准一さんの名前が挙がるかもしれませんが、森田さんだって、負けず劣らずの演技の評価を得ています。

ある時から、舞台をメインに活動する機会が多くなっていた森田さん。

しかしここ最近、映像の仕事にも精力的に参加していますね。

嬉しい限りです!

スポンサーリンク

森田剛の演技力が天才?褒め過ぎなの?

森田さんの演技力が再注目されたのは、昨年公開された映画「ヒメノア~ル」。

御覧になりましたでしょうか?

まず「ヒメノア~ル」は、ある年代の男子たちを虜にした作品「行け!稲中卓球部」の作者である、古谷実さんが手がけた漫画が原作となっています。

とは言っても、「稲中」の雰囲気とは大分違いますけどね。

その中で、サイコキラー役として怪演を見せたのが、森田さん。

いや~、怖かったですw

ジャニーズ事務所のアイドルが「連続殺人犯役」を演じるなんて、これまでは、ちょっと考えられませんでした。

そして、ジャニーズの中で、いい意味で「違和感なく」あの役を演じられる人も、あまり居ないと思います。

どうしても、ステージ上でのキラキラしたイメージがありますからね~。

森田さんは「ヒメノア~ル」が、映画単独初主演だったそうです。

意外ですね。

森田さんが、その演技力を磨いたのは「舞台」でした。

いのうえひでのりさん、宮本亜門さん、そして昨年他界した蜷川幸雄さんなど、日本を代表する演出家達からも、高い信頼を得ています。

蜷川さんに至っては、「得難い才能」とまで語っていましたからね。

「ヒメノア~ル」で、特に感じたのは「森田さんの闇」でした。

そう言えば、これまで「何回再放送するんだ?」ってくらいに放送されていたドラマ「ランチの女王」でも、影のある不良役を演じていましたね。

あの頃から、どこか普通のアイドルの出す「キラキラオーラ」とは違った魅力があった気がします。

そう考えると、天性のものもあるのでしょう。

そしてやっぱり、原石は磨かないと駄目なんですね。

森田さんは、しばらくドラマや映画では見ない時期がありましたが、これからきっと、これら映像の世界でも引っ張りだこになりそうな気がします。

王道を行く岡田さんとは、また違った道を行く森田さん。

いつか、2人の共演も見たいですね~。

スポンサーリンク

森田剛の演技力やハロー張りネズミで瑛太とは?

そして、ドラマ「ハロー張りネズミ」。

主演は瑛太さん。

どちらかと言うと、瑛太さんも影があるタイプの方なので、森田さんとの相性は抜群な気がします。

ただ、2人だけだと、ちょっと画面が暗くなるかな~と思うところで、深田恭子さんの投入。

これは上手いですね~。

一気に華やかになります。

あ、山口智子さんも、勿論忘れてはいけませんね!

ところで、森田さんが「ハロー張りネズミ」で演じるのは、どんな役なのでしょうか?

「ハロー張りネズミ」は漫画が原作なんですが、森田さんが演じるのは「小暮久作(グレさん)」という人物。

「漫画版 小暮久作」

普通のオジサンですw

森田さんとは、似ても似つかない風貌。

ちなみに、漫画の中では「36歳」という設定で、森田さんの実年齢は「38歳」

森田さんの方が上なんですね、ビックリです。

ただ、普通の36歳って、漫画の「小暮」の方が近いですからね!

森田さんが、異常に若いんです。

元ギャンブラーで、鋭い洞察力を持ち、主人公の瑛太さん演じる「七瀬五郎」の相棒というのが、今回の森田さんの役どころ。

森田さんは、ダンスも抜群ですし、探偵ものということで「派手なアクションシーン」なんかもありそうで楽しみです。

余談ですが「探偵もの」って、どうしても興味が出ちゃうんですよね~。

スポンサーリンク