Pocket

笹原出典:https://pbs.twimg.com

またまた世間を騒がせている、上西百合子議員。

今回は、「浦和レッズ対ドルトムント」の親善試合に関するツイートで、レッズサポーターとやり合ったことが、ひと騒動となっています。

この騒動に対して、各ワイドショーなどにも出演している上西議員。

そのインタビューの模様が、オンエアーされていますが、上西議員もさることながら、秘書の男性である笹原雄一さんの言動も、かなり気になります。

スポンサーリンク

笹原雄一は何者?Twitterのリプ返しが偉そう?

「他人に自分の人生乗っけてんじゃねえよ」という過激なツイートを、レッズサポーターに向けて発信した、上西議員。

もうね、何か、気持ちいいくらいの、かましっぷりですよ。

その結果、当然「大炎上」、上西議員に「脅迫FAX」が送られる展開となっています。

この件について、ワイドショーに出演した上西議員。

インタビューに応じていますが、その模様が、まるで、コントのようでした。

更に、インタビューの途中には、公設秘書の笹原さんが、上西議員に、発言を訂正するように促したり、アドバイスを送る様子も、そのまま放送されていました。

これは、番組側の悪意でしょうか、それとも「ありのままの姿」を視聴者に届けようとする、ジャーナリズムの気持ち、からでしょうか。

恐らく、前者だと思います。

それにしても、2人とも「言葉遣い」が酷いです。

特に、秘書の笹原さん。

以前から、上西議員が何か騒動を起こすたびに、その横で、上西議員に指示を出していた男性です。

見た目は普通のオジサンなんですが、あの年齢で、あの喋り方ってどうなのと思っていました。

そもそも、この笹原さん。

一体、何者なのでしょうか?



笹原さんは、現在53歳。

演劇プロデューサーや、イベントプロモーターという肩書も付いています。

というか、元々は、こちらが本業のようです。

こんな「喧嘩腰」な、リプ返しをしている笹原さん。

ちなみに、これは、Twitterのユーザーが、上西議員に対して送った、批判などのリプを、一々、全て笹原さん本人がチェックし、リプ返しているというもの。

見方を変えれば、なんて「熱心な秘書」

「笹原雄一の経歴」

  • 東京都杉並区生まれ
  • 明治大学付属中野高等学校卒業
  • 中央大学文学部在学中に下北沢の本多劇場に就職
  • 1999年:独立し「(株)キャッシュボックス設立」
  • 2008年:金村キンタローの代理人を務める
  • 2009年:(株)イーミュージック代表取締役に就任
  • 2015年:(株)イーミュージック代表取締役を解任
  • 2016年:上西小百合議員の公設第二秘書となる
こんなしっかりとした経歴を持っている方なのだし、もういい年なんですから、もう少し、言葉選びには気をつけたほうがいいのではないか、と思います。

とか、メッセージを送ったら、「うるせぇ、バカ」と言われてしまうのでしょうかね。

スポンサーリンク

笹原雄一はなぜ上西小百合の秘書に?

ここまで、笹原さんについて調べてきて、ふと頭をよぎったことが、この秘書が、あの「暴言・暴行騒動」で、大問題をおこした「女帝・豊田真由子議員」の秘書だったら、どうなるのかな~なんてこと。

何か、凄い対戦になりそうな気が、勝手にしました。

それは置いといて、元々は、畑違いの人間だった笹原さんは、なぜ上西議員の秘書になったのでしょうか?

きっと、それは、上西議員の中にある「タレント性」に、惹かれたのだと思います。

というのも、笹原さんは、2015年前後、イベントプロモーターとして、トークライブなどの活動も行っていました。

そのトークライブのタイトルが「大問題トークライブ・大阪大炎上」というもの。

そして、その中のインタビューでの発言を見てみると、上西議員の秘書を務めようと思った理由が、浮かび上がって来ました。

その内容をまとめます。
  • 「(当てた企画で)iPS細胞の森口尚史」
  • 「LINE県議、号泣議員、小保方晴子など、最強の素人キャラがキラ星の如くいる」
  • 「なにわのエリカ様とか、(中略)確実にイッちゃってるもん!ああいう人はいいよね」
これを見ていると、世間を、色々な意味で騒がせた人ばかりです。

その中で、上西議員が出てきた頃から、彼女の持つ「炎上芸人としての才能」を見出していたのでしょう。

後は、「それを自分がどう料理するのか?」ということだけ。

現に、上西議員の「炎上騒ぎ」は、度々、メディアで大きく取り上げられる展開になっています。

これこそ、笹原さんの狙いな気すらします。

そもそも、笹原さんは、政治家として、上西議員が何かを出来る」なんて考えていなくて、そのタレント性を買っていて、裏でプロデュースしている、そう考えると、凄く納得出来るんですよね。

次の選挙で、上西議員が当選するとは考えづらいですし、「その後のことも考えているのではないかな?」という気もします。

スポンサーリンク