Pocket

ビットコイン出典:http://boxil.jp

インターネット上の仮想通貨「ビットコイン」が、2つに分裂し、新たな仮想通貨「ビットコインキャッシュ」が登場。

「ビットコイン」自体の仕組みがよく分かっていないのに、更に「分裂って?もうお手上げ。」と思っている人も多いのではないでしょうか?

ちなみに、分裂した理由は、取引の急増に伴うシステムの見直しを巡って、事業者などの意見が対立したことです。

これにより、一部の事業者が、これまでのビットコインとは異なるコインの規格を立ち上げて、新しく「ビットコインキャッシュ」という仮想通貨を誕生させています。

ビットコインの取引を仲介する「取引所」は、今回の分裂騒動によって起こる混乱を防ぐために、コインの引き出しを止めるなどの対応を取っています。

その結果、東京都内で、ビットコインのATMを設置している「回転寿司店」では、利用を一時停止するという貼り紙を提示したりして、利用客への注意を促しています。

スポンサーリンク

ビットコインとは?簡単に説明で分かりやすく仕組みを!

「ビットコインとは?」

ビットコインは、仮想通貨の中の1つです。

仮想通貨は、インターネット上で取引が可能になる財産的価値を持った通貨を想定したものになります。

ネット上で、実際のお金に変わる存在となるということですね。

「財産的価値」があるので、ネット上にある実際の「商品」「サービス」の対価として使うことが出来ます。

また、「円」「ドル」といった、通常の通貨との交換も可能。

この様な仮想通貨は、600種類以上ありますが、その中で1番普及しているのが、この「ビットコイン」です。

「ビットコインとお金の違いは何?」

それでは、通常のお金との違いは一体何なんでしょうか?

大きな違いとして、通常の現金、紙幣には、発行責任を持っている中央銀行などの存在があります。

ビットコインには、これら「発行主」が存在しません。

では誰が管理しているのかというと、「複数のIT技術を持ったプログラマー達」が、「価値」「正当性」を保証しあっています。

そしてもう1点。

ビットコインは最大発行量が「2100万ビットコイン」と、定められています。

「現金」「紙幣」は、中央銀行が、印刷をする限り、どこまでも増やすことが出来るので、ここも違う点ですね。

「ビットコインの仕組み」

ビットコインの仕組みですが、まずビットコインには、現金、紙幣のような「実態」がありません。

そして管理しているのは、複数の「プログラマーたち」。

発行主体も存在していませんし、一定の量しか、この世に存在しません。

似たような存在として、「貴金属(金、プラチナなど)」が上げられます。

(ここからは「金」で統一していきます。)

金も、高値で取引が行われていますが、そもそも誰かが作り出しているものではありません。

地球上にどの位存在しているのかは、分かりませんが、その絶対量も決まっていると言います。

その「金」に対して、我々は価値を想定し、値段をつけ、高値で取引を行っています。

この様な仕組みを「ビットコイン」に置き換えて見ると、分かりやすいかもしれませんね。

スポンサーリンク

ビットコインの危険性や問題点は?

「ビットコインは保証されているのか?」

先程、ビットコインが、通常の現金とは違い、国が発行する通貨ではないということを見てきました。

つまり、通常の通貨は、国によって、その価値が保証されているということになります。

じゃあ、ビットコインの価値の保証はどうなっているのか?

と気になりますね。

しかし、ビットコインは、インターネット上で繋がっているために、国同士の干渉を受けません。

この点が、「信頼」に繋がっていると言われています。

特に、自分の国の通貨の信用度が低い場合(中国や、アジア、アフリカ圏とか)は、安全な資産としてビットコインを使っているケースが多くあります。

「ビットコインの問題点は?」

ビットコインのデメリットとして上げられているのが、「価格変動」が大きいこと。

通常の決済や、送金などの利用方法以外に、「投資的」な側面もあるビットコイン。

その値動きの幅が大きいのも特徴です。

ビットコインは、「1BTC(ビットコイン)=~円」と、価格が決められますが、1日で、「1BTC=10万円」が、「1BTC=9万円」となったりします。

現在、長期的に見ると、ビットコインの価値は上がり続けていると言いますが、万が一、信用が崩れてしまった場合、発行主を持たないビットコインは、その価値が「0」になってしまうこともあるわけですね。

つまり、価格の急落に対して、責任を取れる存在がいないということ。

「まとめ」

ということで、「ビットコインとは?」についてまとめてきました。

勿論、利用する、しないの判断は自由ですし、自分には必要ないな、と思う人もいるでしょう。

しかし、全く仕組みとかも知らないで、そう判断するのと、ある程度知った上で、そう決めるのとでは、また違ってくると思います。

取り敢えず「ビットコイン」とは、こんな物なんだ、ということは知っておきたいですね!

スポンサーリンク