Pocket

KinKi Kidsが11月2日最新シングル「道や手ずから夢の花」をリリースしました。このCDの通常版に収録されている「パズル」という楽曲が、今年いっぱいで解散予定のSMAPへ向けたメッセージなのではないか?と話題になっています。

そこで、この「パズル」という楽曲や、KinKi KidsとSMAPの関係性について調べていきたいと思います!

スポンサーリンク

「KinKi Kids」の新曲「パズル」とは?

KinKi Kids

出典:http://smartjohnnys.com

KinKi Kidsの最新シングル「道は手ずから夢の花」の通常版に収録されている「パズル」という楽曲が先輩SMAPへのメッセージソングではないか?と言われているということですが、この「パズル」とは一体どのような曲なのでしょう?

「パズル」の歌詞は冒頭で、「広すぎるステージで大きく見えた背中に しがみついては振り落とされ 悔しさ覚えたな」とあります。これは、デビュー前にSMAPのバックとして踊り、常に背中を見てきたであろうKinKi Kidsの2人を連想させます。

その後「駆け抜けた時間は戻せはしないけど 消えたりもしないから」と、お互いに駆け抜けてきたであろう時代を振り返っているような歌詞が続き、最後には「君の行く道を信じているから 心から「ありがとう」決してこのままで終わることのない 夢を描くこのパズルを僕たちがつないでいくから」と、まるで先輩の意思を継いでいくと言わんばかりのフレーズ。

これらの印象に残る歌詞をバラードに乗せて歌い上げていることで、KinKi Kids、SMAP両者の関係性を知るファンの方々には、感慨深いものがあるのでしょう。また、KinKi Kidsの2人は歌が上手いですしね!

スポンサーリンク

「KinKi Kids」の新曲「パズル」に込められた意味とは?

キンキキッズ

出典:https://pic.prepics-cdn.com

そんなKinKi Kidsの歌う「パズル」ですが、実はこんな話もあります。

以前インタビューに答えていた稲垣吾郎さんはSMAPについて、「メンバーそれぞれがまるで夫婦のように足りない所を補い合い、パズルがきちっとはまるように、バランスがとれたすごいグループだと思う。」と、「パズル」に「SMAP」を例えていました。凄い偶然ですね。

このような偶然の重なりを知った上で、この曲を聴いてみると、確かにSMAPへ向けて歌ってるんじゃないの?と思ってしまいます。実はこの疑問に対して、KinKi Kidsの堂本剛さんはTVガイド最新号の中のインタビューでこう答えています。

カップリング曲で収録されている「パズル」が、SMAP兄さんのことを歌っているように聴こえる?

確かに、聞く人によってはそう思えるかもね。でも自分たちで作詞したわけじゃないからね(笑)

この曲は、単純な発想でいえば在校生、卒業生みたいな話やけど。この曲に限らず、大切な人に向けて歌おうと思った時に、大切な人の中には兄さんたちも、もちろん入っているしね。

引用元:TVガイド

この曲を作ったShinpei氏からも、特にコメントは出ていないので、SMAPへ向けた曲なのかはわからないし、堂本剛さんも「自分たちで作詞したわけじゃないから」と言っていますが、「大切な人へ向けて歌う=もちろんSMAP兄さんも含まれている」ということで、少なからず想いはあるような気がします。

スポンサーリンク

「KinKi Kids」と「SMAP」の関係性とは?

SMAPのメンバーは以前、直の後輩として唯一KinKi Kidsのことを挙げていましたし、KinKi Kidsの2人もデビュ前にバックについていた頃の話を今でも嬉しそうに話しています。

今年の始めSMAPに解散独立報道が出た後も、KinKi Kidsの2人はテレビ番組の中で、「今でも、もう一回SMAP兄さんのバックをやりたい」と言っていたり、中居正広さんが司会を務める歌番組の生放送中に、中居正広さんを囲むようにして、3人で歌おうとするなど(中居正広さんは照れて堂本光一さんの頬を叩いていましたがw)変わらぬ尊敬の念が見て取れます。

後日、中居正広さんは自身のラジオ番組の中でこの事を振り返り、「完全に2人のアドリブで涙がでるくらい、嬉しかった。」と述べています。またKinKi Kidsのことを、「もう後輩とはいえないくらいアーティストとして立派になっている」と、その成長にも目を細めていました。

なんか良い関係ですね~、こんな先輩や後輩が欲しかったw

ちなみにこの「パズル」は初回版A,Bには収録されておらず、通常版にしか入っていませんので、聴いてみたい方はご注意を!

スポンサーリンク