浅間山荘出典:http://book.asahi.com

1972年の2月19日~2月28日にかけて起こった「あさま山荘事件」。

あまりにも有名なこの出来事ですが、連合赤軍が人質をとり、立てこもりをした事件ですね。

あれから「45年」が経ちましたが、今考えると、同じ日本で起こった出来事とは考えられないような気もします。

そこで今回は、事件の起こった場所の現在などについて、改めて調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

浅間山荘事件の場所の地図や今現在は?

「あさま山荘事件」が起きてしまったのは、長野県北佐久間郡軽井沢町にあった河合楽器の保養所、「浅間山荘」。

避暑地「軽井沢」ですね。

それでは、地図で確認してみましょう。



ちなみに、「あさま山荘事件」の起こった場所の住所は「長野県軽井沢町大字発地字牛道524-181番地」となっていますが、そちらで検索してみると、この様な地図が出てきます。



地図にある「レイクニュータウン内」にある浅間山荘。

建物としては、使われてはいないものの、今でも残っていて、その外観を見ることは可能です。

ただ、非常に分かりづらい場所にありました。

というか、あれほどの大きな事件が起こった場所が、取り壊されることもなく残っているというのも不思議な話だな、と思い調べてみた所、実は、所有者が当時の人間とは変わっているということ。

現在は、中国系の企業に買収された状態で、その後、放置されているといいます。

この様な状態が続いているということで、当時の事件を知る人、また、その頃はまだ生まれてもいなかったが、テレビなどで取り上げられているのを見て興味を持ち、現場を見てみたいと思った人たちによって、「観光スポット化」しているようです。

現在の、現場近くの様子の写真も、数多く撮られていましたので参考までに見ていきましょう。

「現在の浅間山荘の様子」

「現在の浅間山荘の様子」

「現在の浅間山荘の様子」

これだけの時間が経過している割には、綺麗に残っているという印象です。

中国系企業に買収されたということですが、使われてはいないものの、管理に関してはしっかりとしているようですね。

スポンサーリンク

浅間山荘事件の場所への行き方は?

それでは次に、実際に「浅間山荘」へ行ってみる場合、どのようにしたらたどり着けるのか、調べてみます。

地図で確認したのですが、本当に分かりづらいです。

「浅間山荘」へ向かうには、まず地図にもある「レイクニュータウン管理事務所」に辿り着く必要があります。

レイクニュータウンは、南軽井沢の別荘地帯。

夏のシーズン中の期間には、多くの人が訪れますが、普段は「ゴーストタウン化」しているということ。

特に、冬場になんて行くと、全く人がいなくて、思う存分「ゴーストタウンの雰囲気」を味わえると言います。

絶対に行きたくありませんw

そんなレイクニュータウンの入り口(現在は使われていない料金所のようなものがある所)から、取り敢えず「真っ直ぐスタート」します。

ここで注意したいのが、レイクニュータウン内は、奥に進めば進むほど「複雑な道」となるために、来た道を覚えておかないと、確実に迷ってしまうという点。

何回曲がったとか、どっちに曲がったとかは、覚えておいた方が良さそうです。

そのまま暫く進むと、「赤いトンガリ屋根の家」が出てきます。

この手前の白い柵の間の道を進んでいきます。

すると、「からまつ通り」という看板が出てくるので、これを左へ。

そして、3つ目の分岐点でも、「からまつ通り方面」を選び左に進みます。

ちなみに、この分岐点の付近には大きな池があり、「あさま山荘事件」が起こった時には、ここの水を放水に使ったとか。

この先を進んでいくと、急カーブが多くなり、坂もキツくなってきます。

また、昼間でも薄暗くなってくるので、周囲に注意を払いながら進んだ方が良いですね。

そうすると、「広いロータリーの交差点」が出てきます。

ここで、右側を選択すると「浅間山荘の下側」へ、真っ直ぐ進むと「浅間山荘を上から見る形」となります。

「浅間山荘を上から見る」ために、真っ直ぐ進んだ場合、また分岐点が出てくるので、そこを右へ。

すると「赤い屋根の建物」が出てきます、これが「浅間山荘」。

これは、迷いますねw

くれぐれも、暗くなってくる前に着くように出発しないと危険です。

スポンサーリンク