出川出典:http://blogimg.goo.ne.jp

長年バラエティ番組で活躍を続けている出川哲朗さん。

昔は「抱かれたくないタレント」のトップを常に争うなど、お笑い芸人としてはオイシイかもしれませんが、あんまり嬉しくない扱いも受けていました。

しかし、ここの所は、子供が好きなタレントで上位にランクインしたり、自分の番組を持ったりと、ちょっと状況が変わってきましたね。

これは、ずっと一途に体を張って「リアクション芸」と真摯に向き合ってきた結果でしょうか?

そんな出川さん、実は芸能界でも指折りの名家出身であることもカミングアウトしています。

ということで今回は、出川さんの「華麗なる一族」について改めて見ていきます!

スポンサーリンク

出川哲朗の家系図で親族はお金持ち?

出川さんの実家は「老舗海苔問屋」であることは、もう有名ですね。

現在は、出川さんのお兄さんが父親の家業を継いでいるそうです。

そして、母親の方の親族が実は凄いことも分かりました。

何と、母方の親族には「衆議院議員」「日本製鉄会長」「日本経団連の副会長」など、名だたる方々が揃う「リアル華麗なる一族」だといいます。

だから、出川さんにはどことなく「品が感じられる」のでしょうかw

それではそんな「出川さんの家系」について調べていきましょう!

まずは、出川さんの実家の「老舗海苔問屋」さんですが、こちらは、1894年に、出川さんの曽祖父である出川金蔵さんが創業し、現在は、出川さんのお兄さんである出川雄一郎さん「4代目」として継いでいます。

その海苔屋ですが、その経営を長年影で支えてきたのは、出川さんの祖母で出川普美子さん。

出川さんの祖父である出川政雄さんに嫁いでから「約80年」近くもの長い間、出川家にとって無くてはならない存在だったそうです。

というのも、普美子さんの実家は横浜市近くにある「かつお節問屋」を営んでいたそうで、元々「海産物」を扱っていたこともあり、そのような知識や、商売人としての教育も受けていたのでしょうね。

次に、出川さんの母方の方の家系もかなり凄い方々がいるということなので調べていきます。

出川さんの母親は出川泰子さんといって、泰子さんの実家も宮城県塩釜市の海苔屋さんでした。

ここまでみると、出川一族は完全に「海産物一族」という気がしますね。

ただ、この母親である泰子さんの方の親戚を辿っていくと、「政治家」「財界人」といった人たちも多くいることが分かってきました。

順番に見ていきましょう。

まず、泰子さんの父親、つまり出川さんの母方の祖父にあたるのが、石井誠さん。

石井さんは、宮城県塩釜市の海苔屋さんである「石井家の養子」になった方です。

ということは、「石井」というのは、元々の名字ではない、ということになりますね。

「石井」になる前の、誠さんの名字は「三鬼」(みき)というものでした。

この「三鬼家」財政界の大物が揃う家系だそうで、誠さんの父親は、岩手県の財界人で、衆議院議員にもなった「三鬼鏡太郎さん」。

出川さんから見ると、母方の「曽祖父」にあたります。

そして鏡太郎さんの息子には、日本製鉄社長の三鬼隆さんという方がいて、この方も財界で名を馳せた大物だということ。

さらに、出川さんの母、泰子さんのお母さん、出川さんから見ると、母方の祖母ということになりますね。

この方の名前が石井よしさん。

よしさんの叔父には石井精造さんという方で、この精造さんの奥さんが、あの昭和の大女優「原節子」さんの実の姉だったと言われています。

ちょっと複雑ですが、出川さんの家系図を辿っていくと、地元の名士で財政界の大物など、数多くの有名人がいることが分かりました!

スポンサーリンク

出川哲朗の実家の海苔屋横浜つた金の場所は?

次に、出川さんの実家である「海苔屋さん」について、場所などをまとめていきます!

出川さんの地元は、「横浜市神奈川区栄町」になります。

横浜市の中では海沿いに面した場所ですね。

そして出川さんの実家が営んでいる「老舗海苔問屋」さんですが、その名前は「つた金海苔店」といい、創業は1984年。

明治時代の中頃から営業を続けていることになるんですね、凄いです。

出川さんの曽祖父、祖父、父親と家業は継承され、現在は出川さんのお兄さんである雄一郎さんが4代目になります。

株式会社「蔦金商店」として会社化もされていて、そのホームページがコチラになります。

「株式会社 蔦金商店」

地図で場所も確認してみましょう!



この「蔦金商店」のホームページを見てみると、「芸能人 出川哲朗」を結構全面に押し出してもいますw

出川さんの抜群の好感度、そして知名度は、こんな形で実家にも良い影響を与えているのですね~。

スポンサーリンク