Pocket

森本さん出典:http://kuropon-celebrity.com

今晩放送の「しくじり先生 俺みたいになるな」に出演する、元プロ野球選手の森本稀哲さん。

森本さんと言えば、現役時代、あのスーパースターの新庄剛志さんから、引退する時に「自分の後継者」として指名されたことでも話題になりました。

プレーは勿論のこと、パフォーマンスでもファンを湧かせていましたね~。

中でも、数々のコスプレ姿(ピッコロやマイケル・ジャクソンなど)を披露したことは、記憶に良く残っています。

そんな森本さんですが、現役時代から、髪型が常に「スキンヘッド」でした。

その理由や、また、それにまつわるエピソードが感動的だったのでご紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク

森本稀哲がスキンヘッドな理由は?

まずは、そもそも何で、森本さんが髪型を「スキンヘッド」にしているのか、その理由から見ていきます。

森本さんは、幼い頃に「汎発性(はんぱつせい)円形脱毛症」という、全身の毛が抜け落ちてしまう病気にかかったそうです。

この病気は、髪の毛をはじめ、全身の体毛が、突然抜け落ちて生えてこなくなるという病気。

森本さんがこの病気になってしまったのは「小学生」の頃だと言います。

このぐらいの子供にとって、いきなり「全身の毛」が抜け落ちてしまうというのは、想像しただけでも可哀想です。

また子供は、思ったことを直ぐに言ってしまうという「残酷な所」もありますので、この病気のせいで、からかわれる事も多かったといい、辛く大変な思いもしたことでしょう。

「汎発性円形脱毛症」は、脱毛症の中でも治すことが難しいと言われている難病です。

原因は「免疫不全」にあると言われていますが、明確に特定されているわけではないとも。

その他にも、「アトピー性皮膚炎」との合併や、「末梢神経障害」、「甲状腺疾患「遺伝」といった可能性も考えられています。

症状としては、「10円ハゲ」と呼ばれる、単発型の「円形脱毛症」から始まり、そこから複数の脱毛斑が重なっていくように全身へと広がっていきます。

ちなみに、単発型の円形脱毛症は、約8割方「1年未満」で改善しますが、「汎発性脱毛症」に発展してしまうものは、自然に治るということは無いそうです。

また、初期の段階では、単発型の円形脱毛症なのか、汎発性脱毛症なのかを判断するのが難しいために、治療が困難になっていると言います。

スポンサーリンク

森本稀哲は病気は完治も髪の毛は生やさない!

とっても恐ろしい「汎発性脱毛症」に、子供の頃にかかってしまた森本さん。

しかし、既に病気はほとんど「完治」しているということ。

病気は治っているのに、森本さんは「スキンヘッド姿」を続けていますね。

一体何故なのかと思い調べてみると、その理由に感動しました。

野球ファンの方たちは、もう既にご存知でしょうね。

森本さんが、汎発性脱毛症を克服しても、髪の毛を生やさず「スキンヘッド」を貫いている理由ですが、2つあります。

まず1つ目は、「病気になった当時の辛かったこと、苦労したことを忘れないようにするため」。

やはり、病気になった小学生時代に、相当大変なことを経験してきたんでしょう。

そして2つ目が、「同じようにこの病気で苦しんでいる人に勇気を与えるため」。

これは単純に凄いことだと思いますし、やろうとしても、中々出来ることではないと思います。

何と言っても、この病気の辛さは経験してみないと分かりませんし、もしそれが「完治」したのだったら、取り敢えず今までの分も、一度は「髪の毛を生やしてみたい」「色々な髪型にもしてみたい」と考えるハズです。

それをせず、まず他人のことを考えられるなんて、森本さんはやっぱり凄いです。

きっと、この病気を克服し、プロ野球のスター選手になった森本さんから勇気を貰った人たちはいっぱいいるのでしょうね!

スポンサーリンク