Pocket

小泉出典:https://scontent-amt2-1.cdninstagram.com

俳優の豊原功補さんとの「不倫関係」を公にした、女優の小泉今日子さん。

その小泉さんと言えば、これまで長い間所属してきた事務所「バーニングプロダクション」からの独立も、大きな話題となりました。

バーニングプロダクションの社長は、(何人いるのか分かりませんが^^;)芸能界のドンとして、これまでも名前が挙がることの多かった、周防郁雄さん。

アイドルとしてデビューした小泉さんは、周防さんの大のお気に入りで、特に目をかけて育てられてきたというのは有名な話です。

そこで、今回は小泉さんと、元所属事務所である「バーニング」との関係、そして独立の理由について見ていきます。

スポンサーリンク

小泉今日子と元事務所周防社長(バーニング)の関係は?

小泉さんは、1981年にオーデション番組「スター誕生!」で見事合格、その翌年に「歌手デビュー」を果たしています。

バーニングの社長である周防さんは、小泉さんについて、最初に見た時から、「必ず売れる!」という確信を持ったということ。

これまで、ほとんどインタビューなどに、答えることはなかった周防さん。

しかし、小泉さんについては、この様に語っていたことがあります。

「彼女は最初から、自分をどのように売っていくかを考えていましたね。もちろん曲は作曲家の先生に頼みますが、彼女は自分で詞を書くこともあった。また、彼女は偉ぶることなく幅広く誰とでもつき合える。人間的に素晴らしい女性ですよ」

引用元:ザ・芸能界

オーデション番組を経て、「バーニングプロダクション」に所属した小泉さん。

その後の活躍は言うまでもありません。

10代での、アイドル歌手としての大成功から、50代を超えた今も尚、ドラマや映画で主演を務めるなど、まさに事務所を支え、大きくしてきた第一人者。

そんな小泉さんは、バーニングプロダクションの、そして、社長である周防さんの、言わば「子供」のような存在でもあったといいます。

しかし、最近の2人の関係を見ていくと、2015年には小泉さんが「個人事務所」を設立するなど、何やら不穏な空気も漂っていました。

翌年の2016年。

「MEKURU」という、カルチャー誌で、これまでの小泉さんの芸能活動を振り返るような特集記事が組まれました。

この時、異例とも言える周防さんの「ロングインタビュー」が掲載されています。

やはり、周防さんにとって、小泉さんは、絶対に手放したくない存在なんだなというのは伺えるところです。

スポンサーリンク

小泉今日子の元事務所バーニングからの独立理由は?

しかし、2人の関係は大きく変わり、決裂へと向かっていき、小泉さんは、バーニングプロダクションから独立することを発表します。

小泉さんは、この「独立宣言」を自身が代表を務める、制作会社「明後日」のサイト上で発表していますが、その中で、元の事務所である、バーニングプロダクションへ対しての告発も行っています。

「明後日」のサイトにて、まずは、バーニングプロダクションへ対して、これまでの感謝の気持ちを綴った小泉さん。

しかし、その後に、今回、大きな騒動となっている、豊原さんとの問題についても触れています。

「豊原功補氏は同じ夢を追う同士だと思っております。また一部の週刊誌などで報道されている通り恋愛関係でもあります」

引用元:明後日

これによって、今から約3年前に報道された、豊原さんとの交際ついて、事実上関係を認めることに。

更に、この報道が初めて出た時の様子についても触れている小泉さん。

「豊原氏にはご家庭があります。最初に写真誌に記事が掲載された時、私はご家族に迷惑を掛けないように守って欲しいという旨をスタッフに伝えました。その結果、事は思わぬ方向に動いてしまったまま数年の時を過ごしてしまいました。インターネットや雑誌などには既に離婚されているという誤った情報が流布されており、そのためにご家族の存在自体が伏せられたような形で報じられ続けてしまいました」

引用元:明後日

どういう事かというと、小泉さんは、豊原さんの家族には迷惑がかからないようにして欲しいと事務所に頼んだのですが、何らかの圧力がかかったのかは分かりませんが、マスコミ側は、事務所に「忖度」する形での記事を掲載したということでしょう。

つまり、豊原さんは、離婚し、独身であるというもの。

その結果、豊原さんの家族は、あたかも、既に存在していないようなイメージを世間に与えてしまったのですね。

この事が、事務所独立への大きなキッカケになったのは、間違いないと思います。

それにしても、小泉さん、相当な覚悟なんでしょうね。

芸能界の育ての親(元事務所)を告発し、自らの不倫関係も明らかにする。

どう転んでも、いい方向に行くような感じはしません。

それとも、「独立」したとしても、周防さんからの何らかのアシストはあるのでしょうか?

小泉さん的には、そういう所が嫌になって、1人でやっていきたいと考えたのかもしれませんが。

スポンサーリンク